FC2ブログ

成人の日に

「日常取り戻すため」重症センター志願 家族持つ看護師の決意

 新型コロナウイルスの感染拡大で、厳しい状況が続く医療現場。重症者向け臨時施設として昨年12月から稼働している「大阪コロナ重症センター」(大阪市住吉区)は当初、必要な看護職が不足し、自衛隊にも応援を要請した。募集に応じて中国地方から泊まり込みで勤務する女性(43)が産経新聞の取材に応じ、「幸せな日常を取り戻せるよう、みんなで頑張っている」と力を込めた。(地主明世)

 「東日本大震災のときは何もできなかったので、『次に何かあったら』と決めていた。新型コロナは、災害級の非常事態だと思っています」

 こう話す女性は、センター稼働の約1週間後から勤務。夫と3人の子供を残し、大阪市内でホテル住まいを始めて2週間になる。年末年始は元日だけ家族の元に帰ったが、次の日には大阪に戻った。

 生まれも育ちも中国地方で、地元の学校を卒業し、地元で就職。救命救急センターでICU(集中治療室)を中心に10年以上働いた。夜勤も多い過酷な勤務は子供や夫とすれ違う生活で、3年前にクリニックに転職。だが、子供が新型コロナを不安がったことから昨年3月に退職していた。

看護師不足に志願

 感染が収まらない中、「秋には、心の片隅で『そろそろ働かなければ』と思っていた」。看護職の不足が叫ばれる中、大阪に他県の看護師が応援に入ることを知り、府看護協会に連絡。大阪には縁もゆかりもなかったが、大阪コロナ重症センターでの復職を志願した。3月末まで勤務する予定だ。

 勤務初日。着たこともない防護服の着用方法の研修を受け、センター内を見学。最新機器がそろうセンターでは、以前の勤め先とは違うシステムを使ったカルテの打ち込みや、情報共有に苦戦した。


 患者の大半は高齢者で、人工呼吸器を装着し、意識不明の人も多い。床ずれ防止などのため頻繁な体位変換も必要で、3人がかりで患者を抱え上げることも。回復傾向の患者でも、食事の誤嚥(ごえん)などがあれば急速に悪化するため、常に注意が必要だ。

 二重のマスクが息苦しく、防護服は蒸れるため仕事を終えるころには服が汗でびっしょりで、顔にはフェースシールドやマスクの痕がくっきり残る。同僚には、マスクが当たる鼻周辺に傷ができ、ばんそうこうを貼っている人も。女性も、センターで初の夜勤が終わった後は座り込んでしまい、同僚に「大丈夫?」と気遣われるほど消耗した。
 
「お母さんがコロナの火を小さく」

 センターで働く仲間は「とても手際が良く、優秀な人が集まっている。輝いてみえる」。一方、1年以上も防護服を着て働いている同僚もいることに、コロナ禍での医療現場の厳しさを改めて実感したという。

 それでも頑張ることができるのは、子供たちへの思いだ。学校は一時休校となり、懸命に取り組んできた習い事の発表会や部活動のイベント、修学旅行もすべて中止になり、今も我慢を強いられている子供たち。苦しくても、「お母さんがコロナの火を小さくしてあげるから」と誓ったことを思い起こし、自らを奮い立たせている。

 友達と手をつなぎ、抱き合い、泣いたり笑ったりすること。大勢で食事しながら愚痴を言ったり、褒め合ったりすること-。そうしたこれまでの日常は、「元気に生きていくうえで大切なことで、どんな薬よりもよく効く」と考えている。「もう一度、みんなにそんな日常を取り戻してほしい」と、力を込めた。

            ◇

 大阪府は新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、昨年12月3日に「医療非常事態宣言」を出し、同15日には全30床に人工呼吸器を備える臨時施設「大阪コロナ重症センター」の運用を始めた。その後も府内の重症者数は高止まりし、病床は逼迫(ひっぱく)する状況が続いている。

 府によると、直近7日間の感染者数は12月4日に2631人とピークを迎えた後、徐々に減り、年末に1800人台まで減少した。だが今月に入り、1日あたり600人前後という「想定外の規模」(府幹部)で感染者が急増。直近7日間の感染者数は8日に3千人を突破し、9日は3401人に達した。

 受け入れ病床の限界が見えつつある中、重症者は、感染者数が拡大に転じてから2週間程度遅れて増える傾向にあり、府は警戒を強めている。

 12月13日に重症者は158人に上り、当時確保していた重症病床(206床)の使用率は76・7%まで上昇した。重症センターの稼働により確保病床は30床上積みされたが、重症者は160人前後で推移し、今月9日の使用率は71・2%と高い。重症センターは同日時点で20床を稼働させ、15人を受け入れている。

 吉村洋文知事は政府に緊急事態宣言の発令を要請した9日、600人台の感染者数が続いていることに触れ「助かるべき命が助からない状況になる可能性もある。一刻の猶予も許さない状況だ。非常に強い危機感を持っている」と述べた。

産経WESTよりの引用でございます。

本日は成人の日、この日を迎えられたみなさま、そしてご家族のみなさま、おめでとうございます。

大人になるとはどういうことか、大人として生きるとはどういうことか、そして、与えられた使命や責任を全うする強さとは?、支え会うことの大切さとは?、この記事から学ぶべきことが山ほどもございます。

時勢がら、各自治体は様々な態様での式典を催しているようでございますが、所によっては下らぬ話をする首長や議員も居りましょう。そのような戯言の百倍、心に沁みる記事でございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

心に

こんばんは、なんとも言えない記事で心が痛みます。わたしのなきおじも、ICUに入り長く入院させてもらいました。医療の方々には感謝でいっぱいです。今日は成人式ですね。ヤフーのニュースで、父親と二人だけの成人式というのがあり、母と妹は、震災で津波に遭われてなくなったことが書いてありました。なんとも、心が痛みます。早く、コロナも終息してほしいですね。

こういう話を聞くといつも自分も何か出来ることはないだろうかと色々と考えます。

佐藤さま

色々な思いを胸に、また多くの若者たちが大人の仲間入りでございます。

遠く離れた世界のどこかでは、紛争や飢餓に苦しむ人々も無数に居る中、我が国はまだ、食べるものに困るどころか、いわゆる食品ロスということが問題になっているのでございます。幸せがこぼれてしまっているのも現状でございますね。

次世代を託す日本の若者の行く末が、少しでも明るいものであるように、社長さまの世代もまだまだ頑張っていただかなければならないということでございますね。



谷口さま

社長さまがこの記事をお読みになり、最初に申されたことは

「それぞれの職分において、それぞれが精一杯働くことや。医療に携わる者は患者を見守る、スポーツ選手は技で人を魅了し、歌手は歌声で勇気を与える、車屋は交通安全に全力を尽くす、つまり、だれもが目の前にあることに集中して目の前の人の役に立ついうことや。それが、やるべきことや」

というお話でございました。

大きなことは小さな力の積み重ねで成し得ることであるのならば、一人一人が、自分の役割をひたすらに果たす、それがみんなに出来ることなのではございませんでしょうか。

No title

おはようございます。

今年もまた騒ぎを起こした新成人がニュースやワイドショーで取り上げられたけど、見てて呆れるだけだし「いい年こいてやっていいことと悪いのことの区別も知らないのか」です。
ハッキリ言ってこういう不届きっていうか非常識な振る舞いが目立つ一部の新成人と見てると、親っていうか学校は一体どんな教育をしてきたのか? 新成人ったってこういうのを見てると中身は小学生レベルで幼児性丸出しもいいところ、この様子は海外メディアにも報じられたが、恥ずかしいとしか言い様がありませんでした。

大人になるということはどういうことか、そこらへんを改めて理解しなければいけません。それとこれからの世代に対して人間教育を強化しなければ日本人の品格に大きく関わります。

アジシオ次郎さま

いつもありがとうございます。

新成人のみならず、”立派な”政治屋連中がご存知の体たらくでございますゆえ、社会の鏡たる若者たちの行動は、これ全て、心ない大人たちのそれが映っただけとも言えましょう。

劇的な改善がなくては、我が国の行く末は暗いかも知れませんが、わたくしめは、それほどに悲観いたしては居らないのでございますよ。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック