FC2ブログ

オシロ以前 パートⅡ

JAFの出張サービス依頼でも常に上位を占めるのが、バッテリ上がりによるエンジン始動不能ですが、その始動不能の原因がバッテリにあるのか、それともスタータ本体や配線にあるのか、その異常箇所の特定が必要です。

出張には、サーキットテスタを持って行くのは当たり前ですが、そういう当たり前のこともしていない修理屋が意外にも多いようです。もっと酷いのになると、サーキットテスタを備えていないという整備工場さえあります。「えっ、ウソやろ?」と思われるかも知れませんが、事実、そういう工場にテスタをプレゼントしていますから、ウソではありません。

ユーザーのみなさんには、一応、機器がどれほど揃っているのかを吟味していただきたいものです。概ね、こういった整備工場は、機器の不揃いに比例して技術力も劣る傾向にあり、腹立たしいのは、そういった所と値段で比べるユーザーに捨て台詞を浴びせられることです。ユーザーは店を選んでいるつもりかも知れませんが、多くのちゃんとした整備工場は、良いお客さんを選んでいることを忘れないで欲しいものです。これは決して不遜ではありません。生き残るための”正しい選別”です。

タイトルを”オシロ以前”と付けていますが、これは技術的な問題だけではなく、機器の取り揃えに関することでもあります。その点、八尾柏原地区会では高価な診断機器を会として複数所有し、それを会員に無償貸し出ししています。一軒では出来ないことも、沢山の仲間がいれば可能になります。

さて、本題に戻ります。始動不能の原因追及ですが、始動不能とは言っても様々な原因がありますから、今回はバッテリ周りに関するものであることを前提にしています。

エンジンがかからないということで駆けつけた時、あれこれと手をつける前に、まず、バッテリの起電力は診ることでしょう。その時、起電力が10.5Vなどに下がっていればバッテリの劣化を疑いますが、起電力が正常な場合でも、いきなりブースターケーブルをつないで始動させようとする人が居ますが、それは間違いです(絶対に選んだらアカンやつやから、映す価値なしで画面から消えてまいます)。

下の表は、また実践基礎シリーズ・1からの引用ですが、覚えておくと便利です。表にあるバッテリ電圧は起電力ではなく、電気負荷をかけた際の端子電圧です。
不具合箇所診断
表にあるバッテリ電圧・スタータ電流ともに低い場合は、典型的なバッテリ不良です。スタータ電流の測定にはクランプメータを使用します。無闇にバッテリケーブルを取り外すと、故障原因が判らなくなることがあるので注意が必要です。

次の段のバッテリ端子電圧が通常より高くスタータ電流が低すぎる場合、これはスタータの駆動電流が小さいので、バッテリの電圧降下も小さいということです。通常、10.何某V以下に降下する端子電圧が12Vや11Vのような時が、こういう事例にあたります。配線や接触不良に問題がある可能性が高いので、その辺をしっかりと点検しましょう。無闇にバッテリケーブルを取り外してはいけないというのは、こういうことが考えられるからです。

そして最後の段、バッテリ電圧が低すぎてスタータ電流が高すぎる場合、スタータ本体の不良が考えられます。スタータを駆動させようと、大電流が流れ続けるためにそういう数値が計測されます。

下の図は、上下それぞれ、クランキング時の放電電流をオシロスコープで観測したものです。上:バッテリ交換前 下:バッテリ交換後
クランキング電流波形
*自動車工学 平成12年9月号 整備日誌アラカルトより引用*

エンジンスタータを始動させた直後に非常に大きな電流が流れ、スターターモータ始動に連れて少しずつ電流値が小さくなっている様子がわかります。スタータ不良でモータが回らないままだと、大きな電流が流れ続けてしまうということが、この波形からも推測できますね。

バッテリの端子電圧はまあ解るとして、スタータ電流がどれくらいなのかは車種により違いますから、それは把握しておく必要があります。平成10年頃までの数値なので現在の自動車に適合するのかどうかは定かではありませんが、一応、排気量別の表を掲載しておきます。
放電電流
今の自動車でも調べてみたいのですが、オカシナことをするとメータ内やあちこちの警告灯が点灯すると面倒なので、実験はしていません。どなたか勇気のある方、是非、試してみてください。それが原因で故障を誘発しても、当局は一切関知しないからそのつもりで。成功を祈る。

authorized by 浅田 純一

スパイ大作戦
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとうございます。
この2つの記事大変勉強になります。チェンジニアなんて言葉が出て久しいのですが、こういう輩が増殖している証でございましょう。
ワタクシもご近所の農家様よりトラクタのセルが廻らないとの依頼がございまして出動致しました所、その農家様が普段のメンテナンスを依頼している農協のサービスはバッテリーを変えてヨシとしてしまったとの事を伺いました。結果クラッチスタートシステムのペダルスイッチに問題があり当方で応急処置・部品交換と相成りましたが、農機具屋でもこの程度の事はよくある話のようです。
本年もイロイロと勉強させて下さいね。

早乙女梅子様

あけましておめでとうございます。

何かのお役に立てているのなら書きがいがあります。
ありがとうございます。

おもしろい事例は色々とありますね。先日は、友人の
軽トラックを借りてきたけれど、キーを回してもうんとも
すんとも言わないので来て欲しいという依頼がありました。

ミッション車なので、クラッチペダルは踏んでますか?と
聞くと、そのことを知らない世代の方で行くまでもなく
解決しましたが、機構が増えるとトラブルの種も増える
ということですね。

これからもよろしくお願いします。



関係

こんばんは、自動車工学(浅田先生)、マネジメント社の本にも、バッテリー、スターターの関係性について書かれてますが意外に知らない方も多いんですよね。今年も、いろいろ勉強、アドバイスおねがいします。

No title

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!

サーキットテスタ持ってないとこありますね(笑)
以前講習した時に、普段使っているサーキットテスタを持ってきてくださいと言ったら、ほぼ新品だったり持ってなかったりが複数あってビックリしました。

スターターが回らない=バッテリー上がり思っているとこが多過ぎです。
よしんばバッテリーだとしても、その原因は?
経年劣化かもしれないし、ノーチャージや暗電流過大も考えられます。
前回の記事とも通じるのですが、理に適った整備、診断・検査をしなきゃダメですね。
そういった意味でも、このブログを通して志の同じ同志が増えることを願っております!

地獄の番犬様

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

オシロスコープを備えておけとは言いませんが
サーキットテスタが無いなんて、医者が聴診器や
血圧計を持っていないくらいの驚きですが、実際、
そういう車屋も存在するのですから困ります。

研修制度が充実していないことが大きな原因だと
思います。特に、振興会という名を持ちながら
何を振興さしとんねん?としか思えないことが
問題ですが、その振興会が動かないのは、
元を質せば、会員が動いていないということ
だと思います。

メカトロクラブという存在が大きなうねりとなり、
影響力を持つ集団になることが必要だと考えます。

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

エンジンがかからない・・・・・
うぅ~  穴があったら入りたい
全くのトーシローですが、大変勉強させていただきました。
今年も色々ご指導お願いいたします

やまだ様

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

メカトロクラブのこともあり、あちこちに出かけることも
増え、何かとご不自由をおかけするかも知れませんが、
ご容赦くださいますようにお願いいたします。


管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック