FC2ブログ

調べてみることの意義

最近では、時間をかけて自分で診断せずに、みんカラなどを見て故障箇所を見つけ出すことも多いようですが、故障箇所が判ったとして、その部品を交換して直ったと喜んでいるようでは進歩がありません。プロとしては、もう一歩踏み込んだ考察をしておくべきかと思います。

今回の事例も、みんカラに同様のトラブル事例として掲載されているようですが、折角のおもしろい事例であり、また勉強になる要素が含まれているので記事にすることにしました。もちろん、上級者向けではありませんので、「そんなもん、どこが悪いかぐらいわかっとるわい」という方は、ここで終了!
警告灯
ダイハツ・ムーブ(L152S)で、エンジン始動後もABSウォーニングランプならびにブレーキウォーニングランプが点灯し、10km/時で少し走行すれば消灯し再点灯はないものの、次の始動時には同じように二つの警告灯が点灯するというものです。走り出せば消灯する、この繰り返しです。

手順通りにスキャンツールを用いて自己診断機能で点検しましたが、異常コードは入力されていません。積極的にコードの入る点検も行い、走行テストでも各車輪速センサ信号は正常に入出力されています。段々と、点検箇所は絞られてきます。

「何や、みんカラやったら、もう正解は出とるぞ」という声も聞こえてくる、つなぎを着た修理屋のなんと饒舌なことでしょうか。

配線図でのABSコンピュータの30番端子19番端子の電圧変化を点検すると、キーON時(パーキングブレーキON)では、各々8.7V、エンジンをスタートさせても消灯しないので同じ電圧です。*なお、年式と形式の違いにより、この電圧が7.7Vと計測されるものがあります*

そこで、異常コードは入力されていないものの、コード消去をしてみると、ABS警告灯は消灯し、同時に30番端子はアースされますが、この時の電圧は0Vではなく約0.6Vです。この電圧が、アースされるのに何故0Vではなく、約0.6Vなのか?ということを考えることが、とても楽しい(かどうかは主観の問題)のですよ。
ABSコンピュータ
19番端子はまだ8.7Vですが、パーキングブレーキを解除すれば約0.6Vに変化します。
ABSコンピュータ
キーをOFFにし、再度エンジンを始動させると、各々の端子は8.7Vのまま、少し走り消灯した後は、それぞれ約0.6Vに変化します(パーキングブレーキ解除時)。

ここまで点検してはじめて、ABSコンピュータのイニシャルチェックに問題があることに確信が持てます。ここまで診て、ようやくABSコンピュータの不良と診断できるのですが、「多分、コンピュータがアカンのやで」というヤマカンや、みんカラを見て直したということでは、到底、診断料の請求は出来ません。

整備工場によってはチャンとした仕事をしているにも関わらず、その診断料を請求できていない所もあるようですが、時間をかけて故障箇所を見つけ出したのに部品が高価なために直すのをやめておくというような場合でも、処置料とは別に頂くべきものは頂くという姿勢を通さなくてはなりません。プロとしての診断は、価値ある仕事であるということを訴えつづけない限り、我々の地位はいつまでたっても向上しません。

ヤブ医者でも貰えるあの”診察料”が、我々の診断料に匹敵するのに、それを無為にしてはならないということを胸に刻んで欲しいものです。

authorized by 浅田 純一

ジェットストリーム
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

故障診断

先生、おはようございます、確かに、ネットの情報はありますね。例のエルグランドの場合、はじめABSランプのみ点灯、その後、ブレーキ警告灯と、同時点灯、定かではありませんが資料によると故障箇所が複数の場合、同時点灯など書かれてたような?診断方の件ですが、現在入庫のマツダプレマシーなんですが、信号待ちでエンストするとのこと。自己診断異常なし、アイドルエアーバルブを調べるが抵抗値正常、エアコンなどの電気負荷でデューティ比に対して回転上昇、オシロの波形も確認、コネクターを外してみると、途端に回転下がりエンストしそう、アイドルエアーバルブは、働いている、試運転では、エンストしないです。先生はどう見ますか。ちなみに、エアーバルブを外して見ても、カーボン付着はありません。時々作動不良ですかね。

お世話になります。
確かに私の周りにもスマホ片手にトラブルシュートをしている人が・・・
アース側の電圧が浮いてるいるのは、ECU内部のトランジスタが持つ抵抗分でしょうか?

No title

俺も0.6Vはトランジスタのダイオード成分1個分だと思います。
でも、断線検出でバイアス電圧かけているのかもしれませんね?

いずれにしても、仰るように診断料と処置料は分けるべきですよね!
それができるのは、不具合原因を見つける力があるからなんですが。
ちゃんとした人が、当たり前に診断料を頂戴できる世の中にしたいですね!

0.6V

放ったらかしですいませんでした。

この0.6Vですが、サラッと0.6Vと書いてしまいましたが、実際は、0.62Vや0.64Vと、パラパラした数値が計測されました。

おそらく、トランジスタのバイアスであろうと思います。ベース・エミッタ間に0.7V以上の電圧がかかるとONしますが、その特性を考慮すれば、トランジスタを速やかに動作させるためには、バイアスがかけられていることは大切なことだと思います。

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック