FC2ブログ

バッテリトラブル

バッテリ上がりによる始動不能や、バッテリ劣化による始動不良が最も多い時期は真夏です。自動車ユーザーの皆さんは、「冬とちゃうの?」と意外に思われるかも知れませんが、絶えずエアコンを使うことで疲弊するのでしょうねぇ。

それに、バッテリは熱によっても劣化は早まります。真夏のエンジンルームは非常に高温になっていますから、内部の物質が高熱の影響を受け、サイドショートという現象により、「さっきまでちゃんとエンジンかかってたのに・・・」急にダメになるということも起こります。
サイドショート
メカニズムは難しい(というか説明が長くなる)ので、一般のユーザーは、そういうこともあるのだということを覚えておいていただくと良いかと思います。

上の写真のように、グリッドという格子状の板にペースト状に塗られている物質が、土壁(って最近見るか?)から土がポロポロと落ちるように沈み込み、横に回りこんで+-各々の極にまたがることで、短絡(ショート)してしまうというもの

そして、この真夏を乗り越えたバッテリが、ちょっと暑さの落ち着いた今頃に、充電系統のトラブルとして多く発生することもしばしばです。現に、昨日だけでバッテリを3個交換しています。で、問題はここからですが、自動車整備工場でバッテリを交換しても、充電系統の点検診断をちゃんとしていない店の多いことに驚いています。
充電系統
20年前の平成12年・6月号~7月号の自動車工学誌(連載)に、始動・充電系統の実践的故障診断という特集記事が組まれたことがありますが、そこに充電系統診断マニュアルとして掲載された原図です。*誤植があるので、これを使って間違った診断をしても責任は取りません。誤植が無くても責任は取りませんが。*

当時は、今の様にどの店にもスキャンツールがあるというような最盛期でもなく、サーキットテスタやオシロスコープを使って地道な点検をすることが普通でした。それだけに、こういった診断方法を体に染み付かせるように訓練したものです。

アサダ自動車のお客さんでは、まず無いことですが、整備工場の世代が代わったのか、時代が安さを求めるからなのか、初めてお越しの一見さん(初めて来るから一見やけど)ですと、バッテリ交換のざっとした見積もりを言うと、「なんでそんな高いの!」と言われることが度々あります。

一応ちゃんと説明はしますが、よくよく話を聞くと、「いつも行っている整備工場ではそんな診断料を取られたことはない」とか、「そんな説明聞いたことない」という有様です。ウチの場合、キッチリとした点検シートを渡して克明に説明しますから、見たことも無い紙に最後は納得されますが、”皆どないしとんねんな”という感じです。

技術指導に伺った所ではキッチリとされていると確信していますが、一体どれほどの整備工場が、それを実践しているのか?甚だ疑問に感じる今日この頃です・・・(おそらく、松原ではどこもやってないで、知らんけど)。

株式会社アサダ自動車商会
  代表取締役 浅田 純一
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

浅田さんのよく仰っている「当たり前のことを当たり前にやる! ただし、ちょっと高いレベルで!」ってことですよね。
整備業界はこれができないから下に見られるんだと思います。
お客様もきちんと説明すれば納得してくれると思います。
それで納得して頂けないようなら良い関係は作れません。

地獄の番犬様

その通りだと思います。

人間でも、どこかに不具合があれば、それを機に色々と検査してもらいますが、バッテリ上がりというトラブルならば、充電系統を同時に診ることは合理的と言えます。

整備士ならば、そういったスタンスで整備に臨むべきですね。

TOPPA

お世話になってます、かなり昔、バッテリーテスターがなかった頃は負荷をかけ電圧測定、比重測定。、今は性能のいいテスターがあるので便利です。充電系統診断は、浅田自動車さんオリジナル、TOPPAですよね、あと、先生の始動、充電系統の本ですね。追加配線などは、かなり昔の自動車工学で学びました。今日は、夕方、モコがチェックランプ点灯で入庫、触媒劣化P0420、オーツセンサーだといいんですが、空燃比センサーで、むずいです。データーモニターでは、OmA付近で推移、理論空燃比、それに対してリヤーオーツ?は

8月16日

以前オルタネーターのB端子が加熱した事例の記事でオルタネーターのフィールドデューティ波形の写真がありましたがリップル波形と同様に測定したほうがよいのでしょうか?

佐藤オヤジ様

今回から、オヤジ付けにしました。

TOPPA-αは細部にわたり充電系統を点検しますので、主たる目的はそこにあります。フォームにすることで点検項目を隈なく診ることができ、ついウッカリを防げますね。

補助配線は意外とされていないようですね。うちでは最近、アリストの充電系で手こずった時にバイパス手術しましたよ。

ネットでは、最大電気負荷時出力電圧11.8何とかVとかいう、エライええ加減な数値でOKにしている所がありましたが、あれはいただけませんねぇ。ちゃんとしないと~。

いろいろトライ様

あの事例は原因が不明で、とにかく点検できる限りのことをしましたが、同業者からの依頼ということもあって、オシロの使い方の説明なども含めたものでした。

通常は、サーキットテスタでの数値で異常の無いかぎり、リプル波形を見れば、あそこまでは必要ないと思います。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック