FC2ブログ

半沢直樹 comes back パート3

どういうわけか?社長さまとM会長は、馬が合うのか牛が分かれるのか、その後も度々お会いになられたのでございます。外出先が会長のお店のお近くなら、修理の情報交換や今後の地区会運営についての意見交換などをなさるために、しばしばお立ち寄りになられていたのでございます。

現在、社長さまは所属されておられませんゆえ、松原地区会がどう進化あるいは退化しているのか、そのことについては定かではございません。しかしながら当時、松原地区会は”顧問”という名の、いわゆる会長歴任者が早々に退出することもなく、エラソウに君臨していたとのことでございます。

その中でも、という、染色体のような重鎮が幅を利かせていたようでございます。特にこのYは、同業者間でも悪評高い嘘つきの腰巾着男でございまして、どちらかと申しますと、XはYにそそのかされているようにも思えるとのことでございました。仮にそうだといたしましても、このXはXで×でございましょう。

M会長が社長さまにご相談なさったことの最重要事項に、これらのわけの判らぬ老害連中を排除しなければならないということがございました。通常、会長の任期は二年とのことで、その任期も後半を過ぎていたことで、M会長にはあるお考えがございました。

会長歴任者がいつまでも居座ることを止めさせるには、M会長退任後、自分自身が地区会への”過剰な”関与をしなければ、他の顧問なるモノどもが口出しをしても、前線を直近に退任した会長の言い分は通るべきであり、そうすることで、一蓮托生に老害の排除につながるであろうとのお考えだったのでございます。XやYのように、いつまでも役職にすがりつこうとする連中とは違い、何と潔いお心でございましょう。M会長も、Yの老害には手を焼いておられたということも大きな要因でございます。

それをお聞きになられた社長さまは早速に具体案を作成され、それに基づいて人集めへと動かれたのでございます。M会長退任後、次期会長を相応しい人物に着任してもらうため、適任と考える人物に面会されるなど、水面下での画策が始まったのでございます。その手始めが、若い方々をお誘いしての整備講習会・ベルエッキップの開催でございました。

社長さまは当時、大阪産業大学工学部にて非常勤講師をお勤めでございました。その以前には北海道や愛知など、お知り合いの伝により、自動車整備セミナーの講師としてもお話される機会をお持ちでございました。当然のこと、自動車工学より出版されたご本を通じてのお知り合いが、そのような場を設定くださったことは、岩手や長崎からのご依頼からもお解りいただけるかと存じます。

「俺はここ(松原)では、たとえ百万積まれても絶対に話はせん!」と仰っておられた社長さまが、何とここ松原で、地元同業者の前で、自動車整備講習会の講師をなさったのでございます。今から5年前の今月のことでございます。それほどに、M会長との絆や松原地区会変革へのお気持ちが強かったということでございましょう。それなのに・・・。

to be continued
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

待ってました!
一週遅れてますんで特別延長枠でお願いします。

こんにちは

昨日あったみたいだねぇ。
自分はあんのじょう、見れてなかったですよ(・。・)

きたむらさま

お待ちいただいているとは、ありがとうございます。

よしおさま

昨夜の第三話も、胸の空くような気持ちでございましたよ。

こんにちは

そうなのですか。
悪党たちの悪知恵や妨害工作とか色々とありそうだねぇ。

大人の事情ですね(笑)

よしおさま

日曜の夜が楽しみでなりません。

番犬さま

いい歳をした老人どもの、ガキのような振る舞いでございますよ。

いつの世も

なるほど、いつの世も悪いるものですね、お主も悪よのー,先生を話したのは、大きな痛手でですねー

こんにちは

続きが早くみたくて気になってるでしょうねぇ~。

佐藤さま

ところがところが、当のご本人でございます社長さまは、松原を追い出されたことを心よりお喜びなのでございますよ。

それは、パート4以降のお楽しみでございます。

よしおさま

カメのように首を長くしております。わたくしめはワニでございますゆえ、実際には首が伸びたりいたしませんが。

はっあ、社長さま、今「お前カメやんけ」と仰いましたか。失敬な!

わたくしめはワニでございます。けっしてカメではございません。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック