FC2ブログ

爪の垢煎じて二階に飲ましたれ!

尖閣の字名変更 石垣市が議会に提案 市議「中国支那の圧力に屈しない」

 沖縄県石垣市は9日、行政区域として管轄する尖閣諸島の住所地(字名)を、「石垣市登野城(とのしろ)」から「石垣市登野城尖閣」に変更する議案を同日開会の市議会に提出した。22日に開かれる本会議で可決されれば、日本国の住所地として「尖閣」の名が明記されることとなる。
魚釣島
 市によると、石垣島の一部地域も同じ「登野城」の字名であるため、混同を避けるのが目的。変更後の「登野城尖閣」に続く「南小島2390」や「魚釣島2392」などの小字名と地番は変更しない。

 中山義隆市長はこの日、議会で「地方自治法の規定により(尖閣を明記した字名変更の)議決を求める」と提案理由を述べた。今後は総務財政委員会で審議される。

 尖閣諸島の字名変更は、日本の実効支配を明確にする上でも注目される。議会関係者によれば、中国支那の反発などを懸念して革新系の野党市議の一部は議案に否定的だが、多数を占める保守系の市議からは「中国支那の圧力に屈してはならない」との声が高まっているという。

 自民党の砥板(といた)芳行市議は産経新聞の取材に、「中国支那は最近、尖閣周辺での活動を活発化させており、フェーズが一段上がった。このタイミングでの字名変更は、尖閣が日本固有の領土であることを改めて内外に示す上でも大きな意義がある」と語った。

産経ニュースよりの引用でございます。

これこそ、正真正銘、大和の血が流れている愛国議員でございます。本来、議員とは国会・地方を問わず、熱い愛国心を持ち合わせてこそ価値のある存在となりましょう。

他国、殊に”周辺諸国”におもねるようなゴミは、政治の世界から追放しなければならないのでございます。観光関連のエライサンなどをつとめ、武漢コロナウイルスに対して、支那人の入国禁止処置を早々にとることもなく、未だ何らの責任も感じていないようなバカモノヤカラが、与党の中枢にいては国家が滅んでしまうやも知れないのでございます。

またぞろ、このアホウは、石破何某などを次の総理になどと考えているのか、頭は大丈夫なのか?と思ってしまうものでございます。そういったゴミに集るハエのような連中に比べ、いかがでございます、この石垣市の雄姿は!素晴らしい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック