FC2ブログ

エア・フロー・メータ

福島の佐藤さんが、ジャガーの故障診断でかなりご苦労されたようですが、Lジェトロにおいて燃料基本噴射時間(ms:ミリセカンド)決定の演算に必要な、重要な要素としての吸入空気量を計測するために備えられている部品が、エア・フロー・メータ(通称;エアフロ)です。

エア・フロー・メータ

今回は、その信号をuScopeで取り込んでみました。

uScope_20200328223433337.jpg
写真の右下に▼θのように見える所が0ボルト、つまりアース電位です。左から信号が入力され、3Divまでがアイドリングの数値を現しています。約1.5Vですね。そこから急にアクセルをふかすと2.5V以上に上昇しています。極めて簡単に書くと、これは吸入空気によりエアフロ内に設けられた熱線(発熱抵抗体)が冷やされ、制御部より多くの電流を流しているということを示しています。

この信号波形を観る際に、注目すべき大事な点があります。いずれDジェトロのバキュームセンサ信号波形も掲載するつもりですが、下の写真のが重要な部分で、このコブのような部分が、補助空気バルブ(ISCV)が正常に作動していることを現すものです。スロットルバルブを急に閉じますと吸入空気量不足となりますが、それを防ぐために適切な空気を供給するためにバイパスさせているということを波形が物語っているのです。
エアフロ信号
もし、ISCVなどの補助空気バルブが作動不良を起こしますと、この部分が平らになる傾向があります。

エアフロの特性ズレなどの故障は違ったものになりますが、今のところ、その故障波形は持ち合わせていません。

authorized by 浅田 純一
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

エアーフロー

先生、解説、ありがとうございます。特性ズレの診断、期待します。クラウンのバキームセンサーも見ました。コブがありました。先生のオシロの本にも、解説ありましたよね。電子スロットルはどうなんですかね、

佐藤様

早速のコメントをいただきありがとうございます。

電子スロットルの場合がどうなるのか、楽しみです。

おはよう

判断かぁ。
難しそうだねぇ。

よしお様

的確な判断を下すために、我々は日々の努力を重ねているのですよ。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック