FC2ブログ

サイドスリップ±0でも偏磨耗

初回車検整備でご入庫されましたお車の、右フロントに装着されていた偏磨耗タイヤでございます。
偏磨耗
タイヤ外側が、内部のベルト(スチール部)が露出するほどに偏った減り方をいたしております。積算走行は約15000kmでございますゆえ、どう考えましても車両側に不良が考えられるものでございます。
サイドスリップテスタ2
サイドスリップテスタでの点検では、指針は微動だにせず”0”を指しております。

リヤアクスルに問題があるのでは?と走行テストをいたしましたが、特に車両が流れてゆくといった特性もございません。また、特殊な糸を用いた簡易点検でも、リヤスラストアングルに問題があるとは考えられないものでございました。

車検整備におきましても車両下回りに打撃痕もなく、これはメーカーでの組み立ての際に起こったものであろうとお考えになられました社長さまは、早速に当該車両を販売したディーラーサービス部にご連絡され、ともかくもホイールアライメントの測定をすることの承諾を得られたものでございます。
アライメントデータ
上にございますデータに、今回の偏磨耗の原因が見て取れるものでございます。最上段にございます数値+0°00′(ゼロ度ゼロゼロ分)は、リヤのスラストアングルでございます。社長さまが簡易に点検なさいましたが、そこで問題なしとご判断されたことが間違いなかったことを示しております。

オレンジ枠で囲まれた数値が、サイドスリップテスタでは検出できなかった右フロントタイヤ外側の偏磨耗の原因でございます。この数値が、サイドスリップテスタでは±0を表示しながらも、タイヤに異常磨耗をもたらすものであるということをあらわしているのでございます。

今回の色々な診断内容につきましては、5月から始められますご予定の貝塚地区会でのお勉強会の実習教材となるため、詳細な説明は省略いたします。貝塚地区会のみなさまにおかれましては、お楽しみということでございますね。

この結果データを当該ディーラーに提示し、クレーム申請をいたしました。「タイヤ偏磨耗」というような場合にはクレーム受付を拒絶されることが通常でございますが、アサダ自動車のホイールアライメントサービスは信頼性が高いということをよく理解しているご担当者ということで、特別に請求を受付て支払いも容認していただいたものでございます。

そのような事情がございまして、今回の記事の車種は詳らかにすることは差し控えなければならないものでございます。根拠なく、全ての業者がクレームを申し立てることは許されないことでもございますゆえ、ご了承くださいますように。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

レベル

さすがですね、この記事を見て、以前、S社のプロペラシャフトが原因だった、須藤社長様の記事、思い出します。やはり、レベルちがいます、わたしには到底、ムリ

こんにちは

雪とか降り出してきたら危なそうだねぇ。

佐藤さま

いつもありがとうございます。

この度の事例は、岩手でもお話されるおつもりのようでございますよ。

よしおさま

雪以前に、雨でも危のうございますね。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック