FC2ブログ

微妙な違い

またもやルノー・カングー(平成26年式・KWK4M)、走行46000kmのエンジン不調で入庫されたものです。症状は、低速走行からの停止時にエンストしそうになるというものでした。

スキャンツールでの総合診断では、一番と三番気筒の失火カウンタが少し上がるというものでしたが、特に一番に問題があるようなデータが表示されました。

早速に、イグニションアナライザでの点火波形診断をしますと、一番気筒に下のような波形が現れました。
整備前波形
前回のカングーほどに顕著ではありませんが、こちらもやや希薄な傾向がみられます。
整備前
同時に、燃料噴射波形も観測しましたが、噴射時間は約3.0msといったところでした。

手持ちのデータがありませんので、こういった際には、約2000rpm付近でのエンジンが安定する回転数の噴射時間を参考にします。その時間は、2.2ms~2.3msでしたので、アイドリング時の噴射時間をこれに近づけることを目標とします。

例によって例のごとく、アサダメッソドによる燃焼室の洗浄を行いますと、噴射時間に変化がみられました。
整備後
アイドリング時では2.7ms、2000rpm時でも1.9msという風に変わりました。僅か0.3ms、つまり一万分の三秒という非常に小さな違いが、点火波形にも影響を及ぼします。
整備後波形
本当に微妙な違いですね。そもそも噴射時間が3.0msと長くなっていたのは、混合気が希薄であったため、それを補おうとECUがインジェクタに指令していたものです。その希薄であるところの原因を取り除く処置をしたのですから、噴射時間にも点火波形にも変化があって当然ということですね。

このカングーはエンジンオイルの交換管理が少し悪いことで、より燃焼室が汚損されたものと考えられます。エンジンオイルの定期的な交換は、トラブルを未然に防ぐ手立てでもありますから、ユーザーの皆様にはキッチリとしたエンジンオイルの交換をしていただくことをお勧めしているわけです。

さて、本年一月より、これまで一年にわたり(と言っても途中かなりサボっていますが)、イグニションアナライザやオシロスコープを用いた記事を書いてきました。気がつけば、”点火波形”の分類も30回を数えることとなりました。そもそもは、自動車工学・実践基礎シリーズのオシロスコープ入門が購入できなくなったことで、各所よりの要望に応える形で私の知りうることをお知らせしようとしたことが発端でした。

これまでの記事を読み返していただくことで、基本的なことは十分に理解していただけることと思います。来年には、また新しい機器がアサダ自動車に加わる予定です。そちらの機器なども用いて、今後はトラブルシューティングなどでもお役に立つことを披露できればと考えています。

authorized by 浅田 純一
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

波形の読み方

燃焼状態希薄、噴射時間の関係、勉強になります。さすが浅田先生。今度のカテゴリーでエアーフローの波形の見方などお願いできればさらに勉強になります。

佐藤様

長きにわたり書き記してきました点火波形ですが、基礎編としての考え方や取り組み方など、残念ながら静止画ということで全てを伝えることは出来ておりませんが、それ相応に役立つものにはなるかと思います。

実際のやり方は講習会などで実演するしかありませんが、今後も実験を重ねてゆきたいと思います。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック