FC2ブログ

一層強固であれ

海自「いずも」と米空母「ロナルド・レーガン」が南シナ海で共同訓練

 海上自衛隊の護衛艦「いずも」と米原子力空母「ロナルド・レーガン」が10日から南シナ海で共同訓練を行っていることが分かった。日米を代表する艦船が艦隊行動を共にすることで、海洋進出を強める中国への抑止力を誇示する狙いがある。複数の政府関係者が11日、明らかにした。
ロナルド・レーガン
 海自と米空母が南シナ海で共同訓練を行うのは昨年8月以来。海自からはいずものほか、護衛艦「むらさめ」と「あけぼの」が参加し、「ロナルド・レーガン」と艦隊を組んだ上で戦術運動の確認などを行った。

 海自は4月末から「インド太平洋方面派遣訓練」として、いずもとむらさめを南シナ海やインド洋に長期派遣している。シンガポールやマレーシアなどの沿岸国に寄港して各国海軍との連携を深めたほか、日米印比や日仏豪米などの多国間訓練を重ねて存在感を示している。あけぼのは今月から追加派遣された。

 いずもは海自最大の護衛艦で、政府は同型の「かが」と合わせて事実上の空母に改修し、垂直着陸と短距離離陸が可能な最新鋭ステルス戦闘機F35Bと一体運用する方針だ。
空母いずも
 南シナ海は日本を含む各国にとって重要な海上交通路(シーレーン)だが、中国は「核心的利益」と位置づけ、国際法に反する形で人工島の軍事拠点化を進めている。政府は軍事力の象徴とされる米空母といずもの共同訓練が、中国への強い牽制(けんせい)になると判断している。

産経ニュースよりの引用でございます。

下らぬ官僚がはじき出した数値で下らぬ議員どもがワイワイ騒いでみたり、”戦争”という言葉を耳にしただけで一議員を総力上げてイジメ抜いたり、子どもを産んでもらえるように懇願することが少子化対策として間違っているかのような錯覚を覚えさせるようなマスゴミ・・・。

そのような中にあっても、我が民族のために日夜、命を賭して警戒を続けてくださっている方々が居られることを、決して忘れてはならないのでございます。

現下の状況では、日米の強固な繋がりこそ、極東アジアの安全保障の要でございます。戦争という言葉を忌避し、戦争を無くそうと声を上げているだけでは、覇権を目論む連中の思いのままになってしまうのでございます。

強くあれ!なお一層、強くあれ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

まさにその通りでございます。
本来ならば、我が日本単独でも守り抜くべきなのですが、いかんせん戦後のダメ教育のせいで、一部、前線で命を賭して任務を遂行する方々を除いて役に立たなくなってしまった日本・・・日本を恐れすぎた米国が推進した戦後教育のたまものです。その先鋒を果たしたマスゴミ、こやつらこそまず正すべきですね。そうすれば、くだらない議論も少しはましになるかも?そして、次は売国奴議員の更迭。
戦争の準備をすることと実際に戦争をすることとは、雲泥の差があります。備えあれば、憂いなし!、頑張れ自衛隊!切に総思います。

お犬様の執事さま

ご同感賜り、誠にありがとうございます。

戦後の平和教育とは名ばかりの日本弱体化政策、それに呼応してきたサヨクマスゴミやサヨク狂員により、我が国は、一度はどん底にまで突き落とされてしまったのでございます。

それでも時代は変わり、新しい息吹が広まりつつあるのでございます。米国では「ドナルド・トランプ」という素晴らしい大統領が登場し、曲がりなりにも我が国の政権は日米関係を強固なものにしております。(腐れ岩屋某が不要なことは記すまでもございませんが)

わたくしめは悲観はいたしていないのでございます。我が国は、大和の国は、その高貴なる民族性が必ずや目覚めることを信じて止まないものでございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック