FC2ブログ

お前らそれでも国会議員かっ!

丸山氏への糾弾決議案 共同提出で与野党一致

 衆院議院運営委員会の与野党筆頭理事は4日、国会内で会談し、北方領土を戦争で取り返す是非に言及した丸山穂高衆院議員(大阪19区)に対し、直ちに進退判断を促す「糾弾決議案」を共同提出する方針で一致した。週内にも衆院本会議で可決される見通しだ。

 また、与野党筆頭理事の会談後に開かれた議運委理事会では、丸山氏が高市早苗委員長(自民)に提出した弁明書を踏まえ、今後の対応を協議した。

 丸山氏は弁明書で、元島民に謝罪しながらも、野党提出の辞職勧告決議案などについて「院において長年積み重ねてきた基準や先例か明らかに逸脱する」などと持論を展開し、議員辞職はしない考えを改めて示した。

 衆参両院の事務局によると、議員に対して「糾弾」と称した決議案が提出された例はないという。決議案では丸山氏の言動について「院として国会議員としての資格はないと断ぜざるを得ない」と指摘している。

産経ニュースよりの引用でございます。

結局のところ、臭いものには蓋をし、トカゲの尻尾は切られて終わるのでございますか?衆議院与野党一致で糾弾して、いやなことの幕引きをはかるつもりでございましょう。どいつもこいつも、夏の参院選目当ての大バカドモでございますね。
      わにまろバック
本質的議論から未来永劫逃げ続け、大東亜戦争以前のような独立国たる地位を求めようともせず、思考停止したこの連中こそ、税金泥棒でございましょう。たとえ一人でも、これを機に大切な議論に踏み切ろうという勇者はいないものでございましょうか。

事なかれで過ごしてきたツケは、次代に回されてしまうのでございますよ。平和ボケも甚だしい事態でございます。防衛大臣の何某など、韓のヤカラと笑って握手をしているではございませんか。こんな防衛大臣は即刻、更迭すべきでございます。そんな本質も見ずに、戦争を忌避するばかりでは、それこそ恐ろしい戦争に巻き込まれるのでございますよ。

神さまが、丸山議員をして酔わせて言わせたかも知れない発言を、暴言と処理するにはあまりにも稚拙でございます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

全くもって情けない限りでございます。そんな決議を与野党そろってやってる暇があったら、ヤルことは他に一杯あるでしょうに??

丸山議員、たしかにその言動には問題が多いと思いますが、彼の言ったことは、真実!北方領土は火事場泥棒の国家が、日本軍が武装解除した後、勝手に進駐して奪ってしまった領土であることが史実。この時、樋口季一郎中将指揮下の占守島の守備隊が反攻せねば、北海道すら日本領でなかったかもしれません。
丸山議員もこれら史実を踏まえて、(酔った勢いで?)あの言葉が出たのだと反論してやればいいと思うのですが・・・・
悲しいかな、竹島さえも取り返す行動ができない日本は、ロシアの相手ではないでしょう。

戦争の功罪をきちんと整理して、述べることもできない議員ども、こやつらが現在の日本の立場(特に特ア三国への)をおかしくしていると思います。
与野党一致での韓国の暴挙にたいする講義、そして竹島奪還作戦の決議ならば支持しましょう!まあ、そんなことができる議員は一人もいませんが・・・
ともかく、丸山議員より先に議員資格を剥奪すべき輩、二重国籍議員等、はたくさんいるはずなので、まずはそ奴らの糾弾からお願いしたいものでございます。
あ、ついでに あの防衛大臣は首ですね!

お犬様の執事さま

熱のこもったメッセージを賜り、誠にありがとうございます。

この度の防衛大臣の腑抜けぶり、そして、我が国の国会議員の質の低さ、これに真っ向反駁するかの如くなされました丸山議員のご発言は、心ある大和民族ならば「よくぞ言うた」と喝采を送ってもしかるべきところ、これらの議員を国会に送っているのも国民でございました。

平和狂育とやらいう戯言に馴らされてきた長い歴史に、大和の民は狂ってしまったのでございましょうか・・・。

No title

おはようございます。

一議員の処遇について議論するより大事なことはたくさんあるでしょうに!! コレも戦後の日本が政治的熟慮を重ねてこなかったせいでレベルの低い政治家を工場で大量生産するかの如く増やした要因だけど、そんな国会議員を選出した有権者にも責任はある。有権者もまた政治的熟慮を重ねず、政治を見る目を磨かなかったからポピュリズムに踊らされていい加減な政治を許してきたのだから、政治の劣化をもたらしたことは由々しきことです。

アジシオ次郎さま

この国の民主主義など腐り切り、ポピュリズムのオンパレードでございますね。

するべきことをせず、国会議員面している連中には辟易いたします。バッチをつけた、ただの風来坊どもでございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック