FC2ブログ

子牛

 子牛
NHKの朝の連続ドラマでは、北海道の牧場を舞台にお話が展開されているようでございます。生きものを育てるということは、決して簡単なことではないということを物語るものでございますね。

手塩をかけて育てた可愛い家族が、いずれは解かれてしまう悲しさと、その命を捧げてくれることへの感謝を忘れてはならないのでございます。このお写真の子牛も、やがては大人になり、人の役に立つ時がくる、いえ、来てしまうのでございますね・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはよう

そうですねぇ・・・
動物を育てるのは簡単ではないですよねぇ。
お金もかかっちゃいますから(・。・)
難しい事だね。

会社にきた犬

牛ですが、昔、田舎ではかってましたね、動物、好きですね、先週、軽トラックの荷台にのったいぬがきました。ペロペロなめられました。なんでも、人間が好きみたいです。

よしおさま

何よりも、世話が大変なのでございます。

はっ?社長さま、今「お前の世話も面倒やわ」と仰いましたか?

佐藤さま

浅田家でも、かつては農耕のために牛を飼っていたということでございます。牛舎もあったのだそうでございます。

牛、ウシウシ牛

カクカクしかじかではありませんが、先生のとこも牛かってたのですか。

佐藤さま

社長さまのお話では、まだ幼い頃には、牛舎の名残の建物もあったとのことでございます。

後にそちらは、お風呂場や洗濯場になったそうでございます。昭和の懐かしいお話でございますね。

かつては、牛は食べるものではなく、一緒に田畑で働く仲間だったのでございますが、西洋人や韓鮮人の食文化に染められてしまい、大切な家族を殺してまでウマイウマイと笑っている姿に、わたくしめも小動物といたしまして、おぞましさを感じているのでございますよ。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック