FC2ブログ

故障例・イグニションコイル

前回に続いて、イグニションコイルの故障例ですが、今回の波形は「減衰部」が無くなる事例ではありません。

ダイハツ・ミラジーノ(平成19年式・L650S)の、エンジンが震えてアクセルを踏んでも加速が悪く、時々、カラカラやカンカンという金属音がなるという症状です。アサダメソッドの点検順序に従って診ていきます、とは言いましても、通常のマニュアルと何ら変わりはありません。

何よりもまず初めに、スキャンツールを使用してのシステムサーチを実施しましたが、期待した”〇番シリンダ失火”という文言は現れず、何のコードも記憶されておりませんでした。

次はエンジンの三要素の内、イグニションアナライザがあれば一番点検しやすい”良い火”から診ることにします。
異常波形
#2番シリンダの波形ですが、無負荷のアイドリング状態ではスパークラインが揺れる程度で、見たところ正常波形と変わりはありません。

ここで大切なことは、ユーザーが訴えている「加速が悪い」という状況を積極的につくらなければならないということです。エンジンの故障に限らず、あらゆるトラブルは同じ状況を味わうということが大切です。
異常波形加速時
3000rpmくらいに急加速したり、少しゆっくり目に加速したりと、色々な状況で観測する必要があります。
異常波形加速時2
上に掲載した二つの写真から、点火系に異常があることはわかります。イグニションコイルが故障した典型的な「減衰部が無くなる」という波形ではありませんね。ここで#2番と#3番のスパークプラグを入れ替えてみました。スパークプラグに異常があれば異常波形が#3番に現れるはずですが、そのまま#2番に異常波形が現れています。
異常波形加速時3
各シリンダの要求電圧に大きなバラつきもなく、イグニションコイルの異常と判断しました。(本当は、ここでコイルを#3番に入れ替えることをして下さいね。その方が確実ですから。)
正常波形
コイルの交換後はアクセルを踏んでも軽やかに吹き上がりますし、時折発していたカラカラ音もしなくなりました。レーシングしても、スパークラインが短くはなってもバラツキはありません。
正常波形2
これでトラブルは解消です。もちろん、コイルは全数交換しています。スパークプラグは交換後、まだ走行が少ないので、そのままにしておきました。症状が現れた当日であることと、目視では問題なかったことで、そう判断しました。(講習会では立場上、交換することを勧めていますが、こちらが本音です。)

この機種は、これまでにも書いています、例のイオン電流検出回路を備えたコイルですので、火花点検の後、あの面倒なオシロスコープでの波形観測をしなければならないことになっていますが(オシロスコープの本を書いておきながら、面倒くさいとは何事か!)、イグニションアナライザがあれば、あっと言う間に終了です。

今回のコイルの故障は、減衰部が現れていますからコイルの断線やショートというものではなく、どこかでリークしているのかも知れません。残念ながら、サーキットテスタでの抵抗点検などは出来ない仕組みになっていますので、壊して分解するしか調べようはありません。時間のある時にやってみようと思います。

お読みいただいている方で、「何や、簡単な例やんけ」と思われる方も多いかも知れませんが、簡単な内容も書かないといけない理由があってのことですので、ご辛抱ください

authorized by 浅田 純一
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

点火波形

またまた、失礼します、コイル不良でも、減衰部に異常がないものもおおいですね。
簡単?実際、シリンダーバランス、コイル入れ替えてやれば簡単でしょうが、イグニッションアナライザーで波形診断するのは高度な診断とおもいます。例の逆さに現れた波形の情報ですが、H19年式、タント、L350SでエンジンはEFエンジンでした。前にお話ししたようにND製コイルが逆波形になっていました。コイル端子は3本タイプです。あとダイハツKFエンジンの点火電圧の件ですが本日新車点検で入庫したものを測定したところ浅田先生のおっしゃるとうり30Kほどでてました。もう一台、スズキワゴンRで29年車、コイルが変わった形状してたので見て見たところスパークラインが他の車種とは、全然違ってました、たしか、ハスラーもR06Aエンジンなので同じ波形なのですか?

逆さまの波形

イグニションアナライザは、中心電極がマイナス極性のものであれば、教科書通りの波形として観測されるように設定されていると思います。

私が診たことのある、タントの点火波形はいつも通りなので、何故逆さまになっているのか?そうだとすれば、極性が反対ということになると思うのですが。

R06Aエンジンについては、別の記事で掲載しますが、見たところ、スパークラインが長いくらいで変わりはないようです。

Gスキャン

お世話になっております。逆の波形はその頃、イグニッションアナライザー所有していませんでしたのでGスキャン2による観測でした。イグニッションアナライザーだと違うのですか。手元にそのコイルありますので今度確認してみたいとおもいます。ワゴンR、MH35のコイルは、なぜか例えて言えば鉄腕アトムの頭のような波形でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鉄腕アトム

弊社に入庫があれば、是非一度、調べてみます。
お茶ノ水博士ならよくご存知かもしれませんね(^^)

ネコのみみ

浅田先生、昨日は、ご連絡いただきありがとうございます。例の鉄腕アトムに似た波形の車、今日、新車点検で入庫したのですが残念なことにアイホンを忘れてきたのでデーターは取れませんでしたが、やはり前にお知らせしたとうりでした。メールで画像添付してみました。うまく送信なりましたでしょうか。先日、日産の比較的新しいエンジンでも似た波形がありました。

拝見しました

佐藤様

波形の添付をいただき、ありがとうございます。

詳細はメールにて送信するようにします。

イグニッションアナライザー

おはようございます、ミラの件ですが、昨日、夕方、エンジン不調で入庫、さっそく、イグニッションアナライザーで見ると、1番、プラグ不良、2番は、なんと減衰がない、コイル不良、先生のブログで紹介されていた異常波形でした。当社はダイハツショップ店でコイル不良が最近、急増してますので、純正コイルとプラグは在庫していますので、即対応、お客さまに大変喜ばれました。エンジンスコープでは、デストリビュタータイプのベンツでは、減衰部がないものはありましたが、ダイレクトコイルでは、初でした。このブログ、先生のおかげでスムーズな診断ができました。今後は、エアーの吸い込み、バルブカーボン体積もわかるよう勉強したいです。

お役に立てたなら

佐藤様

ここでの記述がお役に立ったのならば幸いです。これからも、わにまろが常々言っておりますように「精進」して参ります。

間もなく、平成が終わり新しい元号にかわります。気持ちも一新させて、もっともっと技術を向上させたいと思います。

煙たがられ

浅田先生、こんばんは、暗電流の件はありがとうございました。本日、28年式、ソリオ、MA26S、エンジンK12Cが点検にて入庫しました、コイルがまた、変わった形状でしたので、例のアトム波形が出るのか見てみました。どちらかというと日産車のセレナににてました。ただ点火電圧は8KVと9KVでしたがスパークラインは、2msと3.9msで先生がおっしゃるとうり長かったです。また、29年式エブリイはR06Aでしたが教科書どうりの波形でした。先生はご存知だと思いますが報告いたします。同僚に、連絡ばかりしてると先生にけむたがられるといわれました。追伸、ソリオは走行距離2万5千キロ、セレナは7万5千キロです。

煙たいなど、とんでもない

佐藤様 ご報告ありがとうございます。

一つでも多くのデータを備えることは大切なことですから、感謝しております。

共有できる財産が多いほど、そこから得るものも増えるはずです。これからもご協力下さることを期待しております。よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

波形と数値

先日、平成最後に、減衰部ない波形の件お知らせしましたが数値がどうだったか調べませんでしたので興味ありました。今日、データーどりのため見てみると、点火電圧は3分の一でスパークラインは長かったです。よく考えればわかりますよね、でも、勉強になりました。でも、正常なデーターを知らないと比較もできませんよね、浅田先生が言うデーターどり頑張ります。

データ収集

佐藤様 

丁寧なデータ収集は必ず後々に役立ちます。地道に集めるしかありませんが、特に新車での波形収集は誤診を避けるためにも有用です。

ある程度の車種を集めれば、メーカーごとの特性なども見えてきますよ。今後もお互いがんばって集めましょう。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック