FC2ブログ

やったら出来るんやんけ

ジャパンタイムズが「徴用工」「慰安婦」の英語表現変更 ケント・ギルバート氏ら歓迎メッセージ
 
 国内英字新聞大手「ジャパン・タイムズ」(The Japan Times)が、「慰安婦」や、いわゆる「徴用工」の英語表現を変更したことが注目されている。夕刊フジで人気コラム「ニッポンの新常識」を担当する、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏らは歓迎のメッセージを寄せている。
ジャパンタイムズ

 同紙は、11月30日付の紙面に《編集部からのお知らせ》という英文を掲載した。「(ジャパンタイムズは)誤解を招く可能性がある表現を用いてきました」として、以下の変更を記している。

 まず、これまで「慰安婦」を「第2次世界大戦前と戦中に、日本軍に性行為を強要された女性たち」としていたが、「自ら望まなかった者も含み、戦時下の娼館で日本兵相手に性行為を提供していた女性たち」に変更する。

 さらに、「徴用工」について、「強制労働」という言葉を使ってきたが、今後は「戦時労働者」と表現するという。

 変更した理由について、同紙は「戦時中の慰安婦の経験が地域によって異なること」「労働環境や雇用の経緯が多様」などと説明している。

 ケント氏は以前、夕刊フジ連載で「ジャパンタイムズの“驚くべき『性奴隷』記事”」というコラムを執筆した。今回の変更について、ツイッターなどで「ジャパンタイムズの決断を応援するメッセージを送ってください」と呼びかけた。

 オーストラリアでの慰安婦像設置を阻止した民間団体「AJCN」代表の山岡鉄秀氏は「ジャパンタイムズの変更は常識的な判断なので貫いてほしい。朝日新聞にも常識的な対応をしてほしい」と語っている。

夕刊フジよりの引用でございます。

ジャパンタイムズと申しますと反日サヨクの新聞社でございますが、そのサヨク紙をいたしましても、韓の非常識に乗っていてはいけないという世界の趨勢に屈したのでございましょう。

いつまでも性奴隷だと強制連行だのと、大嘘を撒き散らすのは我が国のマスゴミどもだけでございます。真実が少しずつ明らかになっておりますゆえ、部数を激減させている朝日も、いずれは方向を変える時がくるやも知れませんが、わたくしめはそれほど楽観視はいたしていないものでございます。

サヨクのドしぶとさは、一筋縄ではいかないものでございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

かねてから保守的な論調を発信しているケント・ギルバート氏、日本にはこのような論客があまりいないのは極めて問題だが、それは置いといて「ジャパン・タイムズ」のこの記事、やっと自虐史観に基づく価値観を改めたかと思うし、ジャパンと冠しといて日本を悪く言うような論調をするマスコミなど極めて売国的も甚だしいし、性奴隷だ強制連行だと戯言を抜かす日本の一部メディアの姿勢には極めて悪質であり、名誉毀損罪で訴えたくもなるけど、こんなフェイクニュースを垂れ流していい気になる一部メディアの存在は悪性がん細胞に他ならないのは確か。

アジシオ次郎さま

いつも熱いメッセージを賜り、ありがとうございます。

わたくしめも記事を記しながら、ついつい感情的になってしまうものでございますが、マスゴミどもの腐れ体質には憤慨せざるを得ないもの事実でございます。

社長さまは英語のお勉強のために、ジャパンタイムズをお読みになられることがございますが、いつもお怒りのご様子でございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック