FC2ブログ

平和の敵

「日本の謝罪と賠償を百倍千倍に」 北朝鮮、徴用工訴訟めぐり対日非難

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は11日、徴用工訴訟での韓国最高裁の確定判決を支持する論説を掲載し、判決は受け入れられないとする日本政府を「厚顔無恥」と非難。北朝鮮は今後、判決を引き合いに日本の植民地統治への賠償要求を強める可能性がある。

 同紙は判決について「あり得ない」などと述べた安倍晋三首相を名指しで非難。日本は朝鮮半島から「840万人余りを誘拐、拉致、強制連行して戦場や重労働に送り込み、20万人の女性を性奴隷にした」と主張し「わが民族は日本の謝罪と賠償を百倍千倍にして受け取らなければならない」と強調した。

 日本政府は、韓国人の個人請求権問題は日韓請求権協定で解決したとの立場。日朝平壌宣言では、両国と国民が「すべての財産および請求権を相互に放棄するとの基本原則」に従い協議することで合意した。(共同)

産経ニュースよりの引用でございます。

北も南も、世間知らずのトンチンカンオオバカモノどもの集まりでございますね。

朝鮮人強制連行などという在りもしない虚構を作り上げ、またそのことを、キチガイ狂員がモットキチガイ学者の作った資料をもとに、反日狂育をしていた大阪府羽曳野市内の中学校もございます。件の公立中学は羽曳野市立峰塚中学校でございますが、その反日洗脳狂育を、産経新聞の記事を通して世間さまに暴露なさったのは、社長さまでございます。羽曳野市教育委員会にご同志と共にのり込まれ、事情をお話になられ改善策を講じさせたものでございます。

北の金豚は、わが大和民族を愚弄いたしておりますが、この金豚こそ、世界に”厚顔無恥の豚”と罵られていることでございましょう。大嘘つきの体質は、南北の誇る民族性なのでございましょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

いつまでも被害者ぶってでけェ面していい気になる韓国、解決済みの問題を蒸し返すのは下らないし、交わした約束を突然反故にするような極めて許し難い行為です。被害者ぶって騒いでタカるタチの悪すぎる「乞食」同然もいいところで、いいかげんにしろと言いたくもなる。
ただ韓国は今回の徴用工訴訟で国際的な信用をすこぶる落とすのは避けられないが、自業自得。

ハッキリ言って他のアジアやアフリカ諸国が植民地支配下で奴隷同然の強制労働をさせられたり、抑圧されて虐待されたなんて今になって騒いで、あまつさえ旧宗主国に対して謝罪と賠償を要求するだろうか? やるわけがない。それは過去のわだかまりは水に流して未来志向で行くと言う選択を選んだんだから、ソッチのほうが大人。いつまでも過去ばっか見て騒ぎまくる韓国はどうしようもないクソガキっていうか「ビッグチャイルド」。

アジシオ次郎さま

いつもありがとうございます。

まず初めに、頂戴いたしましたメッセージが重複投稿となってございましたゆえ、お一つ削除いたしました。

お記しの通り、はっきりと申し上げて、もうどうしようもない連中でございますね。我が国においても、その犯罪の多くが、こちら関係の連中にまつわるものとお聞きいたしております。犯罪者は全て、国籍と実名を公表し報道すべきでございますね。

問題は、このアホウどもの悪巧みに乗っかり、事実を知っていながらに、我が国の誇りを傷つけようとする朝鮮半島贔屓の勢力が居ることでございます。米国におきましても、間違いと判りながら、大和破壊のために力を注ぐホンダ何某のようなキノフレタ元議員も生息いたしております。

油断はならないことと存じます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック