FC2ブログ

これがサヨクどもの言論統制や

「新潮45」が杉田水脈氏擁護の特集を掲載 新潮社内から異論

 新潮社の月刊誌「新潮45」が18日発売の10月号で、LGBT支援を疑問視する記事を同誌に寄稿し批判を受けた自民党の杉田水脈(みお)衆院議員を擁護する特集を組んだところ、同社のツイッター公式アカウントの一つ「新潮社出版部文芸」が同誌を批判する投稿を次々とリツイート(転載)するなど、社内から同誌批判の動きが生じる異例の事態となっている。

 特集は「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題し、同誌8月号掲載の杉田氏の寄稿が「見当外れの大バッシングに見舞われた」と位置づけ、「真っ当な議論のきっかけとなる論考をお届けする」として評論家ら7人の寄稿を掲載。発売直後から作家らがツイッター上で「慄然とする」「新潮さんの出版物、もう買いませんし、原稿も引き受けません」と投稿するなど批判的反応が相次いだ。

 「新潮社出版部文芸」はこれらの批判を続々とリツイートし、また同社創業者、佐藤義亮の「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」との言葉を投稿するなど、自社媒体に対し異例の社内批判を展開している。

 新潮社は同アカウントについて、「特定個人の発信ではなく、複数の社員で共有しているもの」と説明。今回の動きに関し、「『新潮45』の記事については、社内でもさまざまな意見が存在していますが、弊社では言論の自由を最大限に尊重するという立場から、各部署、社員の個人の意見表明に関して言論統制のようなことは従来より一切行っておりません」とコメントしている。

産経ニュースよりの引用でございます。

困った連中でございます。この度の「新潮45」の特集に関して批判的であることは、それはそれで思想・信条、言論の自由でございますが、この連中のいけ好かないところは、己が腐れ戯言に対しては「少数意見をい大切にせよ」などと嘯いておきながら、他者の、それも真っ向反対の意見に対しましては、もう暴力とも言えるような言論を浴びせ、抹殺しようとすることでございます。
         wanimaro_front.jpg
このようなバカどもに、何が言論の自由など語る資格がございましょう。出版物を買いたくなければ買わずにおけばよいし、原稿を引き受けたくなければ引き受けなければよい。どの道、このようなご都合主義で批判しか出来ぬ作家など高が知れたモノでございます。その分、新進気鋭の確りした保守派作家が発掘されましょう。喜ばしいことではございませんか!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック