FC2ブログ

紙一重

社長さまがお若い頃よりご愛読されておられます、”松下幸之助翁”の書「道をひらく」の一ページでございます。紙一重を軽んじてはならないとの、経営の神さまよりのご示唆でございます。微差を大切に考えよとの仰せでございましょう。
紙一重
大学生になられた頃より、このような種類のご本を色々とお読みになられてこられました社長さまは、俗に言われますところの”変人”扱いをされてしまわれていたこともおありのようでございます。それはそうでございましょう、お若いのに、お年寄りのようなことを申されていたのでございますゆえ、致し方ないと言えましょう。

昨日の記事(ほぼ 完治)にございます、燃料噴射時間の僅かな差、それは一万分の五秒という非常に小さな数値の違いを社長さまが見抜かれ、そこからのトラブル解消へと続いてまいりましたことが記されているものでございますが、もし社長さまが、この僅かな差を「大したことはない」とお見過ごしになられていたといたしますれば、あのハイエースは今でも、アサダ自動車の現場に原因不明のまま置き去りにされていたことでございましょう。

しかしながら、どのような小さなことも見逃すまいと心を集中されておられたからこそ、短時間での”ほぼ 完治”という結果を得られたのでございます。紙一重とはあまり良い意味で使われることのないお言葉のようでございますが、これ全て、人の物事の捉え方しだいなのでございます。

松下翁は最後に

ただ一つ、素直な心になることである。素直に見るか見ないか、ここに紙一重の鍵がひそんでいる。

そう締めくくっておられるのでございます。

ああ見えて、社長さまは案外、素直でいらっしゃるのやも知れないのでございますよ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはよう

偉人の言葉ですか。
人によりますよねぇ~。
うまく合う人もいれば、うまく合わない人もいますもんね。

よしおさま

仰る通り、人それぞれの捉え方しだいでございます。

事に迷った折に、偉人のお言葉が助けとなることもございましょう。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック