願い届かず・・・

小林麻央さん死去 市川海老蔵さんの妻、フリーアナウンサー

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)の妻で、フリーアナウンサーの小林麻央(こばやし・まお、本名=堀越麻央=ほりこし・まお)さん(34)が死去したとNHKが報じた。麻央さんは平成26年10月、乳がんと診断され昨年6月に入院。その後は入退院を繰り返しながら闘病していた。

 麻央さんは15年、フジテレビ系「めざましどようび」の天気キャスターで芸能活動をスタート。日本テレビ系「NEWS ZERO」のキャスターなどを経て、22年に海老蔵さんと結婚。「梨園(りえん)の妻」として海老蔵さんを支え、23年に長女の麗禾(れいか)ちゃん(5)、25年に長男の勸玄(かんげん)君(4)を出産した。

 26年10月、人間ドックで乳がんが見つかった。入院して抗がん剤治療を受けた後、通院治療に切り替えたが昨年6月に入院。海老蔵さんが会見を開き、進行性のがんで「症状は比較的深刻」と説明していた。
夕刻
産経ニュースよりの引用でございます。

沢山の方々の願いは届かず、あまりにも若すぎる旅立ちでございます。小さなお子さまをお残しになられてのご逝去は、どれほどに悔しいことでありましょう。どのような言葉で以ってしても、言い尽くしきれぬ無念さと悲しさにくれるものでございます。

先月には、社長さまのご同業で仲よくされておられました方も、四十六歳という若さでお二人の小学生をお残しになられ、お亡くなりになられております。「小林麻央」さまのご逝去を受けられ、また改めて、その悲しさが込み上げてこられたとのことでございます。

病という何時降りかかるやも知れぬ苦難に、どのように向き合うべきか、どのような覚悟をもって受け立つのか、生きることの難しさをかみ締める日々でございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

麻央さんの訃報に涙が流れてしまいました。あんなに頑張っていたのにどうして?の想いがあります。
幼子二人を残して逝かねばならなかった麻央さんの気持ちを想うとき言葉が見つかりませんが、愛しい娘・妹を先に見送らねばならなかった彼女のご両親、そしてお姉さんのお気持ちはいかばかりか…それを想うとき私は本当に言葉を失うのです。
自分よりぞっと若い人の訃報には、その死因が何であれ無念の気持ちを持つ私であります。
小林麻央さんのご冥福を心よりお祈りするものであります。

見張り員さま

胸の熱くなるメッセージを賜りありがとうございます。

わたくしめも、悔しさと虚しさに言葉が見つからないものでございます。

ただただ、麻央さまの御霊の安らかなることを望むばかりでございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック