せやからお前んとこの党はアカンのや

民進・蓮舫代表、教育勅語めぐり稲田朋美防衛相を批判

 民進党の蓮舫代表は9日の記者会見で、稲田朋美防衛相が教育勅語を「まったくの誤りとは違う」などと述べたことについて「教育勅語は衆院で昭和23年6月に排除決議がなされている。稲田氏が院の決議の重みを十分踏まえた認識を持っているか大きな問題だ」と批判した。

 稲田氏は8日の参院予算委員会で、教育勅語に関し「日本が道義国家を目指すべきだという精神は取り戻すべきだ」と述べていた。

 蓮舫氏は「教育勅語には『夫婦は仲むつまじく、友人は信じ合い』というものが含まれているが、衆院は教育勅語が主権在君の立場から、家族のあり方、友人のあり方などを国家が指導していることそのものを否定している」と指摘。

 そのうえで「家庭の教育のあり方や人の生き方まで国家が口を挟むことは、民進党の考え方と全く違う」と強調した。

 蓮舫氏はさらに、教育勅語があった戦前に「基本的人権が侵され、われわれが痛烈に反省しなければいけない戦争に歩んだ道もある」と言及。「(稲田氏が)そこをしっかり押さえておられるかは疑義がある」とも述べた。

産経ニュースよりの引用でございます。

この嘘つき女も、よくもまあしたり顔でしゃあしゃあと戯言を述べること述べること。まずは、己が二重国籍の問題を片付けることが先決でございましょうに。かつて、その時代がどういった支配下にあったかという認識もないアホウには、到底、理解できるはずもございませんでしょう。

昭和23年など、わが国がGHQの配下にあった闇の時代であって、そのような折に決められたことなど、本来ならば主権回復後に破棄してしまうべきところ、サヨクの勢力がそれをさせなかったのか?それとも、そのようなことをしなくとも、わが民族は毅然としていたからなのか?いずれにいたしましても、現下にあっては、悠久の歴史ある大和の魂を受け継ぐ指標として、教育勅語は復活してしかるべきものでございます。

これが復活しては困る連中が、狂育界に蔓延っているのでございます。私塾にて、教育勅語の精神を敷衍することは、わが国復活の狼煙ともなりましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック