確認と努力

安倍晋三首相「尖閣は日米安保の適用範囲であることを確認」「日米同盟の絆は揺るぎない」 共同記者会見で表明

【ワシントン=田北真樹子】安倍晋三首相は10日午後(日本時間11日未明)、米ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と会談した。安倍首相は会談後の共同記者会見で「アジア太平洋地域の平和と繁栄の礎は強固な日米同盟だ」と強調し、「日米同盟の絆は揺るぎないもので、さらなる強化を進めていく決意を確認した」述べた。

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「(米国の日本防衛義務を定めた)日米安全保障条約5条の適用範囲であることを確認した」と明らかにした。また沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設については「普天間飛行場の全面返還を実現すべく、移設に向け日米で協力して取り組む」と述べた。
日米首脳

産経ニュースよりの引用でございます。

これまでも、このような声明は度々出されてまいりましたが、それもこれも、支那の暴力的海洋侵略対策の文言に過ぎず、言うなれば、我が国の独立はさせないという米国の強い意志ともとれるものでございます。詰まるところ、米国は支那との一戦は全く考えてはいないということでございます。特に、ビジネスを基軸としてきたミスタートランプの胸には「割に合わない」ことは絶対にしないという本音が見え隠れいたします。
        
わにまろバック

ミスタートランプにおかれましては、その選挙戦時同様に「尖閣みたいな小さい島のことなんか知らんがな。お前ら勝手に、核武装でも何でもせえや」と突き放していただけますれば、我が民族も目を覚ますことでございましょうが、それは絶対にさせないという戦略なのでございます。

日本のマスゴミは反トランプ報道一色でございますが、その同じスタンスにて、支那を大いに批判すべきではございませんでしょうか?明らかな自国民に対する人権侵害、周辺諸国への侵略など、先の大戦にて自作自演した虚構を盾に、いつまでもウソをつき通せると考えているオオバカモノに、マスゴミの矛先が向く日がやってきて欲しいものでございます。
         wanimaro_front.jpg

反核を訴える方々が、オバマ前大統領の核廃絶発言を金科玉条が如くに考えておられるやも知れませんが、プラハでの発言以降、オバマ政権下では、あの馬鹿息子と揶揄されたブッシュ元大統領政権下に比べましても、約3割増しの核関連開発費用が投入されてきたという事実から目を背けることは出来ないということを心得ておくべきかと存じます。

世界は生きているのでございます。日本だけが、眠り姫のようにずっと眠り続けているのでございます。ステキな王子さまが現れてくれはしないものでございましょうか?ミスタートランプが、もっともっと本音を表明し続けてくださいますことを、わたくしめは心より期待いたしております。

最後に、社長さまもわたくしめも、ミスタートランプが米国大統領として適格がどうかにつきましては、極めて懐疑的であるということを付け加えておかなければなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック