こんな野党どもに国は運営出来ぬ

殉職自衛官追悼式、野党議員で参列したのは1人だけ 安倍首相が追悼「国民の命と平和を守り抜いていく」

 防衛省は22日、平成28年度の自衛隊殉職隊員追悼式を行い、安倍晋三首相らが参列した。しかし、国会で安全保障関連法の施行に伴う自衛官のリスク増大を批判する野党議員の姿はほとんどなかった。

 追悼式では新たに31柱の名簿を慰霊碑に奉納。首相は「ご遺志を受け継ぎ、国民の命と平和を守り抜いていく」と追悼の辞を述べた。

 追悼式に出席した現職の国会議員は13人で元職は5人。このうち現職の野党議員は民進党の大野元裕参院議員だけ。民進党や共産党など野党は今国会で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣される陸上自衛隊部隊をめぐり、安保関連法で認められた「駆け付け警護」任務などを負わせる政府方針を批判。民進党からは自衛官の安全を心配する質問も出た。

 防衛省は国会議員に関し、元首相と同省の元政務三役に追悼式の招待状を出している。また、自ら出席を申し出た場合、席に余裕があれば受け入れている

 衆参両院事務局によると、今国会の予算委員会で自衛官のリスクに関する質問をしたのは民進、共産、社民各党の計8人。この中で出席したのは元防衛政務官の大野氏だけだった。

産経ニュースよりの引用でございます。

野党にも色々ございまして、大切な党もございますが、殆どのヤカラどもは対案もなく、反対することを党是としているか如くの対応しかしない、学生レベル、と申し上げますと学生方に失礼かと思われるような体たらくぶりには辟易いたします。

国家を護るためにお命を捧げられることをお誓いされた後にご入隊された以上、その魂の弔いは、国家に携わる者が責任をもって行うべきものでございまして、そこに忠誠を捧げる真摯な姿勢がなくてはならないものでございます。それが、国家が存立する意義でもございます。それを忌避すること自体、国家崩壊を目論んでいるという証でございましょう。

常日頃は国軍を愚弄し、我が軍を憲法違反(わたくしめもそう考えておりますが)と揶揄しておいて、何がいまさら「隊員の命が危険にさらされる」などと戯言を吐きまわるのか?思考回路がクルッテいるとしか思えないものでございます。

しかしながら、付け加えておかなければならないことがございます。与党の連中も、参列はたったこれだけなのでございますか?わたくしめは一言申し上げたいことがございます。

「このウスラバカドモが!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

これ本当に情けないですね。国会では野党は『自衛官の命』うんぬんと言い立てますがその割にはお粗末です。そういうなどうして福島瑞穂も蓮舫も、その場に来ないのでしょう?結局その場だけの口先女、口先野党でしかないんですね。自衛官の命をうんぬんするならまずこの追悼式に出るべきでしょうにね。
時代は違っても国のために働き亡くなった人、自衛官を心から悼み慰霊顕彰するのは当然のことです。それができないなら国政の場で働こうなどと僭越なことを考えない方がいいと思いますね。
そしてわにまろさんもご指摘の通り与党の出席も少なすぎます。
全閣僚はまず、出席すべきでしょう。

見張り員さま

いつもありがとうございます。過ごしやすい時期になりましたが、同時に体調を崩しやすい時でもございます。ご留意くださいますようお願い申し上げます。

政治に携わる者が、命の重さを軽視するようなことでは国家の運営がままなりません。まず何をおいても、政治が民族に範をしめさなければならないことは自明の理でございます。

わが国の堕落の一端を、此処に垣間見るものでございますね。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック