英霊の御霊に最敬礼

戦艦大和の海中映像を公開 菊の紋章や艦首、鮮明に

太平洋大東亜戦争中、米軍に撃沈された旧日本海軍の戦艦「大和」の建造地、広島県呉市は22日、沈没海域の鹿児島県沖で無人探査機を使って撮影した大和の海中映像を公開した。菊の紋章や艦首部分などが映っており、7月23日から大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)で一般公開する。

 同ミュージアムは過去に民間業者が撮影した大和の映像を公開しているが、呉市として5月に初めて詳しい潜水調査をし、ハイビジョンで撮影した。

 映像には、艦首部分にある菊の紋章のほか、スクリューもはっきりと映っていた。他にも大和で使われていたとみられる皿のような食器や、火薬缶が散らばっている様子が確認できた。

 調査は沈没地点の鹿児島県枕崎沖南西約200キロの海域で約10日間実施。範囲は東西450メートル、南北400メートルで、沈没していた水深約350メートルで写真約7千枚と約50時間分の映像を撮影した。

戦艦大和
.産経ニュースよりの引用でございます。

産経新聞においてさえ、大東亜戦争を太平洋戦争と称していては正しい歴史になりません。記事の一部を訂正いたしました。

静かにお眠りになられておられる英霊方に対しまして、決して失礼があってはなりません。このような探査には、重々、注意が必要でございます。

「大和神社」さまのご分霊も、英霊方のお心をお鎮めいただくために、ここに永久にご一緒いただくことでございましょう。 拝
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

知りたい、という気持ちはありますが墓荒しになっては決してなりませんね。あの場所は『大和』とその乗り組み将兵たちの墓所ですから。
学術的に大事な部分は調査・採集するとしても他はそっとしておいてほしいと切に思います。
先日映像をTVみましたが前回の調査より、菊花紋章の金がすっかりはげ落ちてしまったのが悲しく思えました。
いずれ海水の中に朽ちてゆくのでしょうか、だとしても彼らの記憶は長く日本民族の脳裏に刻み込まれねばなりません。
記憶し語り継ぐことが日本人に課せられた使命と心得ます。

見張り員さま

いつも感動のメッセージをお記しいただき、感服いたしております。

国の都合で戦地に向かわされ、国の都合で尊い命を捧げられた御霊に、今の世の我々は、この大和の現状をどのように釈明すればよいのか?胸の詰まる思いでございます。

ともかくも、戦争の悲惨さを伝え続けることを、そして、真に平和を望むならば、闘いに備えることが肝心な現実問題であることを訴え続けなければなりませんね。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック