6月も半分・・・

気がつけば、明日は15日、六月も折り返しでございます。
夕刻
そして二週間もすれば、地球が太陽の周りを半分回ったことになるのでございますよ。

昨晩のテレビにて「伊勢神宮」さまのことを詳しく紹介する番組がございました。わたくしめも拝見いたしましたが、その中でお笑い芸人に女優を含む四名の方々が内宮に参拝された折に、風が吹き白御簾が上がるという場面がございました。多くの方々は、そちらの光景をご覧になられ”これは凄い”とお感じになられたことでございましょう。

しかしながら、わたくしめがこのようなことを申し上げてよいのかどうか?とは思うものではございますが、あのようなことは単なる偶然に過ぎないものでございます。何やら神さまが、その神々しいお力でお迎え入れ下さったが如くの感動にあふれ、涙までこぼしていたようでございますが、わたくしめから申しますれば、そのようなことをまるで奇跡が如くに驚き、また興奮していることがオカシクテ仕方ないのでございます。

そもそも、大半の人はみな、日々起こっている奇跡をあまりにも当然と考えていることに愕然といたします。この母なる星が、太陽の周りを規則正しく何らの狂いもなく軌道をたどり続けていることが、もう素晴らしい奇跡なのでございます。それを、当たり前と考えていてはならないのでございます。

地球と太陽との距離は1億5000万キロメートル離れておりますが、直径3億キロメートルの円周を一年で周りますと、何と、その公転速度は秒速30キロメートル(時速108000km)にも及ぶ高速という事実を知れば、この星が軌道を外れずに一年後にほぼ同じ位置に帰ってくるということは、もう奇跡であるということを理解すべきなのでございます。

自転は秒速約420メートルと、遥か公転には及びませんが、それでも音速以上なのでございます。日々、太陽が東より昇り西に沈むという、”当たり前”に見える奇跡に感謝することが、信仰の初めとなるべきことでございます。高々、偶然に風が吹き、御簾が上がったくらいで喜んでいるようでは、似非宗教に騙される素質ありと申し上げなければなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック