名言集

誰もやらないなら自分がそれをやる、目の前のことから絶対に逃げない。なぜなら、自分に出来ないものは決してやって来ないからです。自分の力より少しレベルの上のものが来ますが、それをやるからこそ自分が磨けるのです。覚悟をもって「はい、喜んで!」と引き受けるんです。
        wanimaro_front.jpg
有限会社川北板金工作所 代表取締役「川北英男」さまのお言葉でございます。

社長さまもご参加されました昨日の早朝セミナーにて講師をなさいました「川北」さまは、四年前、お仕事中に不慮の事故に遭われ、頭部と背部に生死を彷徨うほどのお怪我をされたそうでございます。ご家族の献身的な、殊に奥さまのお支えが、その大きな愛が、奇跡を呼び込み見事にご生還なさったのだそうでございます。

ご入院中にも、日々、どなたかが「川北」さまのお見舞いに訪れになられたとお聞きいたしておりますが、それは「川北」さまの篤いご人望の証でございましょう

”一度は死んだ男”は、その後、生かされたことには意味があるはずと、それまで以上に社会に貢献されることをお誓いになられ、目に見えない形の「恩」に報いたいとお考えになられたのでございます。心恩に報いるというお気持ちで行動なさる使命感が、男の体を奮い立たせているのでございます。

社長さまのお爺さまも、大東亜戦争末期におきまして、命を捨てる覚悟を決め”一歩前へ”進まれたことが、結果的に戦争を生き延びることにつながり、アサダ自動車70年の歴史の基礎をお造りになられましたが、”一度は死んだ”という修羅場を乗り越えた強さは、何をも懼れぬ精神の権化へと変化するということを証明するものでございますね。

そして「川北」さまは、こうも仰ったそうでございます。

苦難は、妻との愛の貯金で乗り越えてきています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック