敬意と哀悼


男児救おうと…老夫婦に悲劇 貯水池で溺れ、ともに死亡 男児は無事 富山
 
 4日午後3時ごろ、富山県砺波市井栗谷の貯水池で、近くに住む無職、前田輝雄さん(77)と妻でパート、紋子さん(73)が、池に落ちた男児(7)を助けようとして溺れた。前田さん夫婦は約1時間後に心肺停止状態で見つかり、病院で死亡が確認された。男児は別の人に助けられて無事だった。

 砺波署によると、兄と一緒に遊んでいた男児が誤って貯水池に落ち、紋子さんが助けに入ったが、上がってこなかったため、輝雄さんも貯水池に入ったという。

 現場の貯水池は深さ約3メートル。一辺の長さがそれぞれ約15メートルと約25メートルのほぼ長方形。周囲にフェンスなどはなく、敷地内に立ち入ることができた。

 前田さん夫婦が溺れたのを知った同居の孫の女性が119番した。砺波地域消防組合消防本部は潜水救助隊を出動させ、ダイバー3人が水中を捜索。午後4時すぎに貯水池の中央付近の底に沈んでいた輝雄さんが見つかり、すぐ近くで紋子さんが見つかった。

 現場はJR城端線砺波駅の南東約10キロの山間部。

産経ニュースよりの引用でございます。

この老夫婦に対しまして、最高の敬意を表しますとともに、心よりの哀悼の意を捧げたく存じます。そのご勇気とお命を惜しまない実行力に、わたくしめは感動の涙を抑えることが出来ないでおります。偕老同穴の極みを教えていただきました。

お二人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。天国でも、ご夫婦が仲良くお暮らしになられ、また再度、この現世にお越しの際にも、必ずや巡りあいの奇跡がございますことを信じて止まないものでございます。 拝
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック