文章讀本(ぶんしょうどくほん)

昭和9年に「谷崎潤一郎」さまが、”日本人が日本語の文章を書く心得”としてお書きになられたご本でございます。
文章讀本
社長さまが高校一年生の折(昭和53年)お手にされ、以後、大学生や社会人として文章をお記しになられる際にもご参考にされておられたとのことでございます。

谷崎さまは、ノーベル文学賞の最有力候補としてその名が上がっていたにも関わらずお亡くなりになったために、次候補の「川端康成」さまが受賞されることとなりましたが、世界が認める大作家だったのでございます。川端さまの次は「三島由紀夫」さまのご予定でございましたが、こちらも残念ながら・・・みなさまご存知の通りでございます。

ただし、社長さまのお話によりますと「もう今のノーベル文学賞はアカン。大江健三郎みたいな反日思想家が受けるような政治的背景の濃いもんになっとる。そのうちに村上春樹も取りよるやろけど、あれはまだ反日の程度が低いんやろな」とのことでございます。

客観性の低い平和賞といい文学賞といい、理系以外のノーベル賞は非常に恣意的であるということでございますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック