せやから、クモ助て言われんねん!

「シートが汚れる」盲導犬を乗車拒否…タクシー会社を処分へ 

 盲導犬を連れた視覚障害者の男性がタクシーに乗ろうとした際、運転手が乗車拒否したとして、北陸信越運輸局石川運輸支局が道路運送法に基づき、金沢市のタクシー会社を行政処分することが18日、分かった。一部車両の使用を一定期間禁止することなどを検討している。

 道路運送法では、乗客や荷物が運転に支障を与える場合など、やむを得ない事情があるとき以外の乗車拒否を禁じている。

 石川運輸支局によると、3日午後、金沢市の交差点で視覚障害者の男性が盲導犬を連れてタクシーに乗ろうとしたところ、男性運転手が「シートが犬の毛で汚れる」と、乗車を断った。

 男性から報告を受けた運輸支局がタクシー会社や運転手に聞き取り調査し「正当な理由なく乗車を拒んだのは、運送の引き受け義務違反に当たる」と判断した。

 運転手は法律の規定は知っていたが「以前盲導犬を乗せたときにシートが汚れて他の客から苦情を言われたので断ってしまった」と説明しているという。同支局は「各タクシー会社に法令や補助犬の乗車について確認と指導を徹底する」としている。

 日本盲導犬協会(東京)の広報担当者は「盲導犬に対する社会の理解は少しずつ浸透してきてはいるが、タクシーや店舗でトラブルになった報告は多い」と話している。

産経ニュースよりの引用でございます。

かつて、裁判官がタクシー運転手をして「クモ助のような者も居る」と言わしめさせたことがございますが、それは明らかな職業差別でございまして決して許せることではございません。しかしながら、このようなことを繰り返しておりますと「それ見たことか!」と言われてしまうのでございますよ。

訳の解からぬ判決を出す大津地裁の山本某のような法律家が偉いわけでもございませんゆえ、タクシー運転手であることを卑下することもございませんが、せめて、社会が良い方向に進もうとしていることに関心を示し、率先して取り組むことくらい簡単なお話でございましょうに、この運転手は優しさに欠けていたのでございますね。

世間さまの盲導犬に対します温かなご理解がよい一層深まりますことを、社長さまも日々念じておられます。「育てる会」の担う役割は、金銭的・社会的に重要なものであるということが、今更ながらに身に染みる事件でございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

公共の乗り物

盲導犬を乗せて席が汚れ、汚れたままでは、次の客から苦情が出るのは当たり前。

これは、この運転手の採るべき態度と、「汚れ防止」の小道具を用意すべきと考えます。

このタクシー会社ばかりではなく、同業が基準を定めて、お客の要望に応え、公共の乗り物となって欲しいと願います。

行政もそれを支援すべきかと。。。。

ijinさま

度々のメッセージを賜り、誠にありがとうございます。

仰る通り、社会が盲導犬同伴を受け入れにくい状況であることは事実でございます。そのことも含め、今後ますますの啓発に尽力しなければならないものでございますね。

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック