FC2ブログ

本当に忘れないために

【編集日誌】
社会を生きる者の倫理

 命日を持つ社会のたたずまいは、貴いものに感じる。縁のない第三者にすぎなくても、故人となった同胞をしのび頭(こうべ)をたれるという精神の働きは、その社会のよい成員であるために不可欠のことのようにも思える。頭をたれ、故人の訴えに耳を傾けようとするとき、その人はすでに第三者ではあるまい。亡くなった人が生きている者を導くということが確かにある。亡くなった人の遺志を継ぐということは、その社会を生きる者の倫理の問題となってくる。

 この時期、東日本大震災に関する報道が増える。ほんの偶然が生死を分けた。亡くなるいわれのなにもない人たちだった。生きている者には何が託されているのか、報道を通じて考えたい。3・11とはそんな日なのだろうと思う。

産経ニュースよりの引用でございます。

あの日から早5年の歳月が過ぎてしまったのかと、時の往く刹那さを改めて思い直す本日でございます。

テレビやラジオでは、”あの日を忘れない”や”被災者に寄り添う”などと美辞麗句が飛び交っておりますが、キャスターやパーソナリティが、常日頃より本当に肝に銘じているものかどうか?疑うことは失礼やも知れませんが、神社仏閣へ一年に一度、初詣をしたくらいで神さまにお聞き入れいただくなどと虫のいいお話は無いことと同様に、この日だけを特別に取り上げることにいささかの疑念を抱いてしまうものでございます。

チームわにまろ」といたしましても「あしなが育英会」さまを通じて、東日本大震災の被災児童・生徒に出来うる限りの支援をさせていただこうと日々努力いたしておりますが、時が経つにつれ、”自分たちの生活で精一杯で支援どころではない”というお声も耳にいたします。風化といわれるものでございましょう。

本当に忘れないために日々何をすべきか?あの災害を対岸の火事と片付けてはいないのか?国家とは?民族とは?生きるとは?

様々なテーマが浮かび上がる神さまよりの課題に、日本国としてどう立ち向かうのかを、また思いふける今日でございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

震災発災当初はまるで日本国民総善人みたいな感じでしたがあれから年月が経つにつれそんなのも薄まり、風評被害だけ独り歩きし、被災者は相変わらず仮設住宅に押し込められています。
使う古された『絆』の言葉、あの言葉を使っていいのはほんとは被災した人たちだけでないかとさえ思う昨今です。
3・11という日がいつしかお祭り騒ぎの日にならないようにしてほしいと切に思うものであります。

見張り員さま

いつもありがとうございます。

お記しの通りでございます。”絆”なる言葉が独り歩きし、心にもない美辞麗句を並べ立て「被災者にどう寄り添いつづけるのか?今後の課題です」などと、ただ原稿を読み上げるだけ、こういった心無い言葉が、かえって虚無を広げるのでございますね。

また逆に、被災者であることを盾に、いつまでも働こうとしないボンクラどもが闊歩していることも事実のようでございます。補償や援助になれて、働くことの喜びすら忘却したヤカラも居るような、現地よりの情報も入っております。

全てを含めて、我国のあり方、民族の生き様を考え直さないかぎり、決して解決できる問題とは思えないのでございます。むしろ、解決してしまうことを拒む勢力も棲息していないとも申せませんでしょう。

楽に生きられる方法を見つけた、かつての、いや今も、でございましょう、あの連中のように、集りに旨みを見つけたモノは独り立ちをいたしません。一部のガンが、健やかな生活を脅かすことと同じでございますね。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック