FC2ブログ

命をかけた神との誓い

平成二十八年二月十一日紀元節、社長さまはこの日をお選びになり二月の月参りをなさいました。それは「神武天皇」さまが、大和は橿原に地にわが国をお肇めになられた日であるからでございます。そして、まさにこの日は、社長さまがそのお命をかけた神さまとのお誓いをなさった日でもございました。
やたがらす神社
アサダ自動車のシンボルマークはやたがらすでございます。その所以から、大宇陀の「八咫烏神社」さまには必ずご参拝なさいます。このお写真は「八咫烏神社」さまの御前での、わたくしめの祈りを捧げているところを、社長さまがお撮りくださったものでございます。

何度も記してございますように、アサダ自動車のご創業者でございます、社長さまのお爺さまは、大東亜戦争末期におきまして、国土防衛決死隊編成に際して大変なご覚悟の下、”一歩前へ”出られたのでございます。それは、その瞬間、既にお爺さまはお命を捧げられたということなのでございます。神風特別攻撃隊と同じく、決死のご覚悟であったのでございます。結果的には、その命を捨てるご覚悟が、終戦を迎え生き延びる道へと繋がったのでございます。

己を尊ぶの極は、ささげるにある」 これは、社長さまが現在、学んでおられます経営セミナーの教本に記された一文でございますが、お爺さまの一歩前へと自らを捧げられたこと、それがまさに自らを助けたことになったことを鑑みますと、意味深い一文であると申し上げなければなりません。

アサダ自動車はお爺さまのお命そのものである、社長さまは常々そうお考えでございます。そして今、そのお命を脅かす状況が度々襲ってまいっております。社長さまは、決してその「命の灯火」を消してはならないとお考えでございまして、そのためには一身を投げ打つ覚悟が必要とのお気持ちから、アサダ自動車に一大事ありやの際には、ご自身のお命と引き換えに命の灯火をお守りくださいますようにと、神さまの御前にて改めてお誓いされたのでございます。

「死ぬ気でやったら何でも出来る。もう命は神さんに捧げたんやから、怖いもんはない。俺は死んでもアサダ自動車は残るんや。死んでも必ず生まれ変わって、浅田の名前を守りに帰ってくる、絶対に」

そう仰りながら微笑んでおられる社長さまに、わたくしめもお供するつもりでいるのでございます。

Starting Over
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック