FC2ブログ

愛読書

社長さまは、商店会の中でも”理屈をこねる”と揶揄されておられますが、ご本人のお話では「理屈をこねとるんやない、理論を展開してるだけや」と仰います。
国柄
こちらは、その社長さまのご愛読書の中の一冊でございます。

「西部邁(にしべすすむ)」さまの評論を集めたご本でございます。内容は、読み込みにもかなりの背景知識が必要なもののようでございます。この一冊の読み込みのために、どれほど沢山のご本をお読みになられ、どれほど沢山の資料に目を通しておられることでございましょう。それゆえに、社長さまは英語のほかに国語を教えることもなさるわけでございますね。

氏は”知智の大家”でございますゆえ、その方のご本を愛読書とし、繰り返し繰り返しお読みになられておられますことで、他人さまよりは”変り者”のレッテルを貼られておられるのやも知れません。しかしながら、日頃の知識武装が、色々な場面で役立つのだそうでございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

理屈はしょうもないことを並べ立てるもので理論は話の筋道を立てること、と私はかように認識しております。
敬愛する社長様には後者だと思っております。
西部さんの文章は雑誌「正論」でもよく拝読いたします。かなり難しいですがよく読みこめばわが身の血肉となるものだと思います。
社長様にはぜひこうした良書にて理論武装なさってアホどもを蹴散らしていただきたいと思っております。
わにまろさまもその重要な片腕として日々邁進されてらっしゃいます、お二方を私は敬愛、尊敬しております!

見張り員さま

いつもに違わず、心強いお言葉を頂戴いたしましたこと、社長さまもお喜びのことと存じます。

ともかくも、難しいお話を自らが理解できないときには「あいつは変わりモン」という風に、屁理屈をタレル連中と同列に扱われる傾向にあるようでございますが、これは憂慮すべきことと考えております。

かつての大和人は、若年といえども大思想家の名言や格言を記憶し、また時機に臨んでは、そのエッセンスを下に様々な書物を読みこなしていたはずでございます。大人が、大人のお話を出来ないこの時代、それはネットの発達なども影響しているものと考えておりますが、何かにつけて事の解決を簡単かつ即効的に捉えてしまう風潮がございますね。

「ローマは一日にしてならず」が如く「知は一日にして及ばず」でございますゆえ、時間をかけてでも思慮すべきことは確りと思慮する習慣を身につけなければ、いくらでもこの国の標準偏差値は下降すること必至でございます。

勉強できなくとも生きていければ良い、それはそれで間違ってはおりませんが、厳しい嵐の中を生き抜く知恵は、やはり学びによって得ることが出来る宝物でございます。その宝を飾りで終らせず、社会に役立つという形でお返ししていかなければなりません。

”人は人のために生きてこそ人”ジャパネットたかた前社長「高田明」さまのお言葉でございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック