FC2ブログ

英霊に失礼のないように

戦艦大和を潜水調査へ 広島・呉市が8000万円の予算計上 今春にも鹿児島南西沖で
 戦艦大和
 太平洋戦争で米軍に撃沈され、鹿児島県南西沖に沈む旧日本海軍の戦艦「大和」を潜水調査するため、建造の地である広島県呉市は12日、平成27年度補正予算案に8千万円を計上したと明らかにした。今月開会する見通しの定例市議会に提案し、承認されれば今春にも調査を開始する。

 費用には市の財源に加え、国の交付金を申請中。調査は民間業者に委託し、船上からの遠隔操作が可能な無人潜水探査機を使うという。

 呉市によると昨年、戦後70年の節目を迎えたことも踏まえ、最新の技術で現状を細かく撮影し大和の資料を収集するのが目的で、写真や映像は大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)で展示する予定。船体の引き揚げは想定していない。

 大和ミュージアムでは、これまでも民間事業者が撮影した大和の映像などを公開。開館10周年の昨年は、累計来館者数が1千万人に達した。呉市が、大和の潜水調査費用を予算計上するのは初めてという。

戦艦大和 

産経ニュースよりの引用でございます。

英霊の御霊健やかなることを祈るゆえに、静かにされておいてはいかがかと思うものでございます。

修復中
「大和神社」さまの、帝國第二艦隊戦没者3721柱をお祀りいたしてございます祖霊社も、ただ今修復作業中でございます。何処も、少しばかり騒がしい今日この頃でございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

確かに学術的見地から『大和』などから資料的価値のある遺品を収集するのは意義あることかとは思いますが、もう「大和ミュージアム」にはかなりの品があります。あれから70年たって海水による腐敗も進んでいることでしょうから遺品の引き上げなどは無理かとも存じます。写真くらいなら撮影可能でしょうけれど、もう静かにしておいてあげてほしいという思いがあるのも本当のところです。

それにしてもあの時出撃して行ったほかの艦艇、特に私は『朝霜』が気になって仕方がないのであります。

見張り員さま

度々のメッセージを賜り、誠にありがとうございます。

仰る通りでございます。静かにお眠りいただけるようにしたいものでございます。

社長さまは英霊方にまことを尽くされるために、ご参拝の折には”海ゆかば”を帝國第二艦隊の3721御柱に捧げられるのでございます。お亡くなりになられたお一人お一人の魂を通じての歌い上げをなさるのでございます。

この度の月参りでは、社長さまは改めて神さまやご英霊方に、命の誓いをたてられたのでございます。そのことにつきましては、別の記事にいたします。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック