FC2ブログ

前途多難

中3英語力調査、政府目標届かず 
 
 文部科学省は2日、中学3年と高校3年を対象に英語の「聞く」「読む」「書く」「話す」の4技能を測る平成27年度英語力調査の結果(速報)を公表した。中3の調査は今回初めて。政府は中学卒業段階の目標として、実用英語検定(英検)「3級程度以上」の割合を50%にすることを掲げているが、4技能とも届かなかった。

 調査は昨年6~7月、全国の国公立約600校の中3約6万人(「話す」は約2万人)と同約500校の高3約9万人(同約2万2千人)を抽出して実施した。それによると、英検3級程度以上に相当する語学力の国際的指標「A1上位以上」の割合は、中3で「聞く」20・2%▽「読む」26・1%▽「書く」43・2%▽「話す」32・6%-だった。

 4技能のレベルに差があり、バランスよく育成されていないことも明らかになった。「書く」では得点分布のばらつきが大きく、「A1上位以上」が多い一方、無解答も12・6%に上った。

 文科省では「必修と選択科目がある高校と違い、義務教育では同じ科目を履修するにもかかわらず、ばらつきがあるのは課題だ」とみている。

 高3の調査は26年度に続き2回目。高卒段階で政府が目標とする英検「準2級程度以上」の割合は、「読む」32%▽「聞く」26・5%▽「書く」17・9%▽「話す」11%-にとどまった。

 ただ、26年度に比べ0・5~7・3ポイント上昇し、一定の改善がみられた。

.産経ニュースよりの引用でございます。

世界に打ち出て世界中の精鋭たちと渡り合うためには、今や英語をコミュニケーションツールとすることは不可欠でございまして、経済会や実社会よりの要請に応えるかのように文部科学省は重い足を上げてはおりますが、問題は現場の教員、いえ、もっと申しますならば、これらの教員を養成するはずの大学教授の一部に、旧態依然どころか、自らの”飯の種”を奪われてなるものかと、実用英語をコミュ英語などと揶揄する馬鹿者どもが、この近畿にも棲息いたしております。

そもそも、言語は使えてこそ値打ちのあるものでございますが、それを我国の教育機関は研究材料が如くにとらえ、シェイクスピアだのエドガーアランポーだのと文学に位置づけてまいりました。そのこと自体が全て悪いとは申しません。しかしながら、時代の流れにそっていくべきところ、逆に足を引っ張る連中が居ることは憂慮すべきことでございます。

くされ大学教授の腐れ頭ども、いつまでも戯言憲法が体に渦巻いていることと同じく、この国の若者たちが世界で活躍できないようにしておくこと、それが韓鮮や支那からの指令でございましょうゆえ、日本人の顔をしておきながらも、決して大和民族ではないということでございます。

この事態に、誰が責任をとるのか?上記のサヨク連中は、安全保障法を戦争法などと呼び捨て、ことあるごとに保守政治を攻撃いたしますが、体たらくな実態を改善するには腐ったゴミどもを一掃する必要があるのではございませんでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

英語力は自分にはないな(笑)
普通に英語の表記でアップルって書けないからね(^。^;)

覚えられる人ってすごいねぇ(>Д<)

よしおさま

度々のメッセージをありがとうございます。

フランス人に「フランス語は難しいですね」と申しますれば、こう応えるのだそうでございます。

「確かにフランス語は難しい。フランス人の私でも時折間違えるから。でも、大丈夫。あなたが話している日本語は、もっと難しいから」

どれだけ必要にかられるのか、どれだけその言語を使ってコミュニケーションをとりたいのか、やる気がなければ何も手には入らない、全てその原理に則っているのでございましょうね。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック