FC2ブログ

こいつらアホか?

大安、仏滅…六曜「差別につながる」 カレンダー配布中止、大分
 
 大分県や佐伯市などは25日、カレンダーや冊子に大安や仏滅といった「六曜」を記載していたとして、配布中止などの対応を取ったと明らかにした。県人権・同和対策課は「科学的根拠のない迷信を信じることが差別につながる場合がある」と説明する。

7万部近く作ったが…「大安」もダメ!?
 
 六曜は古代中国で生み出されたとされ、日の吉凶に関する習わし。平成17(2005)年にも人権団体からの指摘で、大津市の職員互助会の職員手帳が問題になった例がある。

 大分県や6市町村などでつくる団体が、世界農業遺産に認定された「国東半島宇佐地域」の写真を使い作製したカレンダーに記載があることに気付いた。約1900部を配った関係機関には使わないよう求め、今後配布しない。

 佐伯市は28年から10年分の日記スペースがある冊子を5万冊作製。以前人権担当をしていた職員が21日に気づき、配るのをやめた。

 杵築市はカレンダー1万2千部を25日に市内の全世帯に配布する予定だったが、六曜を削除して作り直すことを決め、臼杵市役所に事務局を置く「市農業者年金協議会」は会員らに配ったカレンダー約230部の回収を始めた。

産経ニュースよりの引用でございます。

またまた出てまいりましたか、コノウジムシガゴトクノレンチュウ。事ある毎に差別!差別!と連呼し、その実、自らの下部団体などには下らぬ「にんげん」などという腐れ副教材を作らせ、多くの公立学校に無理やり押し込むことなどの破廉恥には厚顔無恥でありながら、人様の大切にしてきている文化や伝統を破壊するためならば手段を選ばぬ汚いやり口!これこそ許されざるべき所業でございます。

大分と申しますれば、日教組の大バカドモが、韓への”謝罪旅行”を斡旋していたことで問題となったところでございます。せっかくに出来上がっているカレンダーを配布しないなど、それこそ地球に対しての冒涜でございます。それに、今後はそういった六曜の入らないカレンダーを己が息のかかった業者に発注させるのではございませんでしょうか?これでは、まるで松原市のクサッタアタマノトップと同じ思考回路でございますね。

アサダ自動車のわにまろカレンダーには、ちゃんと六曜は記されてございますうえ、昭和91年とまで記載されてございます。神さまが下さいます日々に貴賎はございません。それは事実でございます、しかしながら、この事例のように、根底には汚い金儲けの臭いがする胡散臭さには、わたくしめも辟易いたします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック