FC2ブログ

大阪府立金剛高校国語教員の暴言!

【異論暴論】
難民で消えゆく「ヨーロッパ統合」幻想 「大量受け入れ」も美談ではすまない 正論11月号

 またぞろ「ドイツは偉い!」の大合唱だ。善意と人道主義に基づいて難民の大量受け入れを表明したドイツが絶賛されている。だが、果たしてこれは本当に美談なのだろうか。作家の川口マーン惠美氏のリポートは、エゴむき出しの加盟国間の不協和音で混乱するEUの現状をあぶりだしている。

 EUには難民について「最初に足をつけたEU国で保護申請する」という取り決め(ダブリン協定)がある。ところが、EUを目指してなだれ込んでくる大量難民の最終目的地は、難民に手厚く経済も好調なドイツだ。

 ドイツまでの通過点となる国々ではそのあまりの数に動揺が広がる。難民を入れるわけにはいかないと国境を閉じ、鉄条網を敷いたり、催涙ガスを持ち出したりした国もあった。ドイツの“英断”で難民の波は、ますます弾みがつくし、そもそもドイツにだって限界はある。「ヒト、モノ、カネ、サービスの自由な往来」を目指して統合したはずのEUの理念は今、崩壊の危機にさらされているのだ。(安藤慶太)

産経ニュース・月刊誌「正論」の広告よりの引用でございます。

シリア難民受け入れにつきまして、アホウサヨクどもがドイツ賞賛の合唱をしていることは存じ上げておりますが、大阪府立金剛高校の女性国語教員が「郷に入っては郷に従えという言葉など無くせ!と嘯いたのだそうでございます。その上に、この難民受け入れの問題についてもふれ「日本もドイツを見習ってドンドン難民を入れるべき」のと発言をしたのだそうでございます。

さすがは大阪府立高校の優秀な教員でございます。大和民族崩壊のためならば、どのような手段をも弄するのでございますね。国語教員たるモノが、古来より用いられている慣用句すら否定し、自らが独裁者が如き授業を行っているということでございますね。これは明らかに”政治的発言”でございます。とんでもない幽愁な方でございますね。

こちらの高校、生徒の名前をワザと間違えるという嫌がらせを平気でするバカモノ、ご皇室や日の丸・君が代を公然と否定する腐れモノ、そして、この女教員のように不見識甚だしいスイカアタマ・・・、枚挙にいとまがないとはこのことでございますね。

我国を、命をかけて護ろうと、日々ご精進くださる海軍軍人を乗せる空母と真逆の、このアホウな女からその名を奪いたいものでございます。
空母いずも
*空母「いずも」のお写真は産経ニュースより拝借いたしました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

その教員達には 有言実行してもらえばいいと思います。

まずは お前の家庭に 難民を一家族受け入れろ!

伊藤さま

いつもお世話になっております。その節は、ご面倒をおかけいたしましたこと、わたくしめよりもお礼申し上げます。

誠に仰る通りでございます。自らの身に降りかかることもないと安直に考えるからこそ、平気で妄言を吐けるのでございますね。

典型的な、腐れ公務員の戯言でございますね。どうせ税金で賄えるなどとボンクラにもほどがある思考回路でございます。

こんなアホウに教えられる生徒が可哀想でございますね。無責任この上ない野郎でございますね。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック