FC2ブログ

過去の新聞記事

中学校で「朝鮮人強制連行」についての不適切教材使用、大阪・羽曳野市教委が回収指示  

 大阪府羽曳野市の市立峰塚中学校が「朝鮮人強制連行」について扱った学習用教材を使用し、市教委が回収を指示していたことが2日、学校関係者への取材で分かった。問題は保護者からの指摘で判明。同校は「教科書に記載がない内容で不適切だった」として、すでに教材を回収している。

 指摘を受けたのは「在日韓・朝鮮人問題学習」と題したB4判のプリント教材1枚。教材には、中学校の学習指導要領に記載のない「戦前・戦中の日本政府による朝鮮人の強制連行」について、「強制連行された朝鮮人は80万人にもなりました」などと記載されていたほか、「日本の植民地支配」の項目には、「日本がうばったもの」についての設問の空欄に、朝鮮の「言葉」や「名前」と生徒に書き込ませる問題もあった。

 学校関係者によると、教材は同校で数年前から使用されており、作成者は不明。

 昨年11月16日の「総合的な学習」の授業で、2年生全8クラス(計約300人)の各担任が、教材として配布した。

 生徒の保護者ら数人が同月22日、市教委に連絡。調査に乗り出した市教委が同校から事情を聴いた結果、「教材の内容は学習指導要領に記載がない上、一方的な視点から作られたもので学校での使用は不適切」と判断。28日に回収を指示し、同校は翌12月16日に配布済みの教材を回収した。

 中野秀夫校長は「今後は教材のチェックを徹底していきたい」としている。

産経ニュース・平成24年1月3日よりの引用でございます。

少しばかり前のものではございますが、これは朝日新聞が捏造を認めるずっと以前のものでございまして、マスゴミによる捏造がどれほどの悪影響を及ぼすものかを如実にあらわしております。

この新聞記事は、当時、ネット上でも大騒ぎになった大スクープでございました。サヨク連中にかなり大きな打撃を与えることができたようでございます。また、新聞記事中に教材の作者は不明と記されてございますが、それは、竹島は韓のものであると態態向こうに出向いてまで妄言を吐く反日分子「久保井則夫」の手になるものでございます。

そして最後に付け加えておかなければならないことがございます。羽曳野市教育委員会に乗り込んで、この悪しき狂育を糾され、新聞記事にされたのは、社長さまはじめ、前の記事に記しております”とあるグループ”でございます。

わたくしめのブログをご覧になられ、教育関係で、それはいじめなども当然のこと、もしお困りのことがございますれば、是非とも社長さまにご相談くださいませ。松原市内ならば、原則、即日に対応されておられます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック