FC2ブログ

それなら登録など諦めろ!

【世界遺産登録】
対韓交渉「失格だ」 政権内に外務省批判 

 安倍政権内で6日、世界文化遺産登録に関する日韓交渉の末に朝鮮半島出身者が「労働を強いられた」と陳述した外務省対応について、日本政府が「強制労働」を認めたと内外から受け取られかねないとの観点から「詰めが甘かった。職業外交官として失格だ」(官邸筋)と批判する声が出た。

 「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録への協力姿勢に転じた韓が土壇場で態度を硬化させ、日本から歩み寄りを引き出した経緯に関し、政府筋は「韓にしてやられたということだ」と不満をにじませた。

 韓から協力を取り付けた6月の日韓外相会談の段階で、陳述内容に関する同意を得なかったため、韓側につけ込む余地を与えたとの思いが一連の批判の背景にあるとみられる。

 一方、政権中枢の関係者は「韓の交渉態度がここまでひどいとは思わなかった。外務省の失態とまでは言えない」と擁護した。

.産経ニュースよりの引用でございます。

まさに”害”務省の本性をさらけ出した出来事でございます。そもそも、この害務省の連中に、愛国心などあるのでございましょうか?愛国心があるようなフリをして、その実は半島におもねるものが、交渉が難航しているかの体を装いながら、最初から着地点を決めていたのではございませんか?わざと、敵に言質をとられるような発言をし、未来永劫に我国の名誉を貶めようとしているとしか思えない顛末でございます。

こんな世界遺産登録などクソクラエ!机をひっくり返して帰ってくればよいだけのお話でございます。韓が如きに何の遠慮が必要でございましょう。こちらは”国交断絶”をも望んでいる、という態度をとってやれば、社長さまのお名刺を見たどこかのアホウ教員のように手の平を反してヘコヘコするのでございますよ。

またもや、反日ガイチュウドモにしてやられたのでございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

最低の国、韓国。
そして外務省は何なんでしょうね、そんな言葉を出したら向こうの思う壺ではないですか!
連中に美味しいエサを与えたような、それで日本の外務省とは聞いてあきれますね。

やはりここは一発日本はけつまくって見せなきゃいけません。いつまでも弱腰外交ではそのうち日本の国土そのものさえ取られてしまいかねませんからね。
断交も真剣に視野に入れていいころかもしれませんよ、そんなことをにおわせたら、連中どんな態度に出るやらw。
でも本気でやったらいいのにと思う昨今です。本当にうっとうしい連中!

見張り員さま

いつもお越しいただきありがとうございます。

お隣でございますゆえ、それは仲良くしておけば良いということは事実ではございますが、こちらがどれほどの誠意を以って接しても、通じないのでございますから、どうしようもございませんね。

併合前より平均寿命を延ばしてしまい、併合前よりきれいな街にしてしまい、併合前に字も読めなかった民族にきれいな学校まで建てて字を教えてしまい、様々な場所にインフラを整備し近代化してしまい、本当に半島のみなさまには申し訳ないことをしてしまったと謝罪しなければなりません。あのまま、支那の属国としてそっとしておけば、こんな不条理な仕返しをされることはなかったのでございますが・・・。

こんな腐ったところにシンパシーを感じさせようと、必死になって強制連行させる大阪府立の高校など、愚の骨頂でございます。

喜ばしいことは、世界遺産の登録により経済効果が期待できることと、これにまつわる我国の嫌韓ムードが一層に高まることでございます。

もっとやれ!もっとやれ!でございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック