FC2ブログ

動くの遅いわ

自動車整備士の待遇改善へ 国交省、18日に検討会

 国土交通省は、自動車整備士の人材確保に向けた検討会の初会合を18日に開く。若手整備士の不足が問題になっており、対策を関連業界と共有するのが狙い。来春をめどに待遇改善などに関する報告書をまとめる。

 検討会は自動車メーカーや販売、整備業界の代表者、整備士を育成する学校の関係者を中心に構成。座長には早大大学院の大聖泰弘教授が就く見通し。待遇改善策のほか、女性が働きやすい環境づくりなども検討する。

 国家資格を持つ整備士は全国で約34万人(昨年6月末時点)おり、車の点検や修理を担っている。育成学校の入学者数はこの10年で半減し、整備士全体の平均年齢は上昇傾向にある。給料水準が全業種平均と比べて低く、週末に仕事があって休みにくいことが人材不足の原因と指摘されている。

.産経ニュースよりの引用でございます。

そもそもの”改善”に関します国の考え方に、根本的なズレがあるように思えてなりません。待遇を改善する前に、まず、自動車整備士に対します世間さまの見方を変えていただくことを推進すべき、いえ、もうとっくの昔にされているべきでございました。

何よりもまず、地位の向上が急務でございます。世間さま、とくに高校教員の一部には、生徒の名前もまともに言えない大馬鹿者でも(こんなヤツに理科を教えてもらって大丈夫?)、自分は一流企業の社員並みの待遇を受けて当然と思っているアホウも居ります。そのようなアホウは、一級整備士に対してでも「自動車整備士如き」と心で思っていることでございましょう。

以前、羽曳野市の某中学校にて”朝鮮人強制連行30万人説”というとんでもない大嘘を教えていた事実がございました。このことは、産経新聞の記事として取り上げられましたが、その際に羽曳野市教育委員会と面談し、腐った狂育を糾されたのは社長さまでございました。社長さまは先様に面談されるまでは、自動車修理工場の親方という風にお話をされていたためか、教育委員会の面々もそれなりの対応でございましたが、社長さまが大阪産業大学の非常勤講師をされておられることが判ってからというもの、手の平を反したように明らかに態度が変わったのだそうでございます。教員という生き物は、大学教授や大学講師というものに媚びへつらう傾向があるようでございますね。

ともかくも、自動車整備士の地位向上は、我国の交通安全の基礎となる大切な事柄であることに異論はないはずでございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック