FC2ブログ

仕事へのこだわりか?利益か?

そう問われますと難しい問題ではございますが、まず第一に考えるべきことは”お客さまのためになるかどうか?”ということではございませんでしょうか。

本日、朝一番にご出勤された社長さまを、ショウルーム前にてお待ちのご婦人方がいらっしゃいました。アサダ自動車の知り合いのお店でご購入されたダイハツ・ムーヴのエンジントラブルとのことでございました。実は、そのお店は、一年半ほど前にご主人さまが不慮の事故にあわれたために廃業なさったのでございます。それ故、その後のメインテナンスはガソリンスタンドや量販店にてされておられたようでございます。

積算走行は46000km、昨年の車検整備(ガソリンスタンド系列の工場にて実施)時には39000kmとの記録簿記載がございました。
異常波形
スキャンツールでの総合診断やオシロスコープでの波形診断により、点火系統の異常と判断されました。
スパークプラグ
イグニション・コイルは問題なしとのことで、スパークプラグの交換をいたしました。
正常波形
車検整備記録簿には、以下のような部品交換が記載されております。
車検整備記録簿
それ以前の整備記録簿も保管されてございましたゆえ、精査いたしましたところ、スパークプラグの交換はされておりませんでした。よって、昨年四月の車検整備時には当然に交換されていなければなりません。にも関わらず、利益率の高い油脂類(フラッシングオイルetc)はきっちりと交換していても、儲けのうすい、しかしながら大切な部品は無視するような整備はいただけません。
エアクリーナー
エアクリーナーもこの状態で放ったらかしでございます。

CVTフルードはチャッカリと交換されてはおりますが、アサダ自動車が扱うアッシュとは大違いの安物でございましょう。交換後7000kmの走行でございますれば、もっともっと滑らかに走り、引きずり感やシャクリ感はなくなっていなければならないところ、何のために6リットルも交換したのか?無駄としか申し上げようない様でございます。ただ単に交換すれば良いというものではなく、それ相応の処置を加味しておいてこその、”プロが行うATF交換”でございます。

このような整備が”格安”などという文言でなされている、そのような自動車が街を平気で走っているということに疑問を感じるものでございます。”格安”の格は「格付け」の格でございまして、それは技術や取り組む姿勢の品格が低いことをさすものかも知れません。

社長さまのお言葉をお借りいたしますれば「こんな整備は映す価値ナシや」とのことでございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック