FC2ブログ

これでは絶望の英語教育や!

高校生の英語力 「書く」と「話す」が課題

高校3年生の英語力を把握しようと文部科学省が初めて大規模なテストを行ったところ、「書く」力と「話す」力が目標のレベルに達していない生徒が9割近くに上ることが分かり、文部科学省は、授業や大学入試の在り方を見直して英語力向上に取り組むことにしています。

文部科学省は、英語を「聞く・話す・読む・書く」の4つの力がバランスよく身についているか把握しようと、全国の高校3年生およそ7万人を対象にテストを行いました。

現在、高校卒業時点の英語力の目標は英検準2級から2級程度とされていますが、このレベルに達していた生徒の割合は、「読む」が最も高く27.3%、「聞く」は24.1%、「書く」は13.5%、「話す」は12.8%で、「書く」力と「話す」力は9割近くが目標のレベルに届いていませんでした。

無回答で0点だった生徒も、「書く」については29.2%、「話す」については13.3%いました。
また、英語に対する意識を調べたところ、テスト結果が低い生徒ほど「英語が好きではない」と答えていたり、授業で英語を使った話し合いやスピーチをした経験が少なかったりする傾向が見られました。

文部科学省は「実践的な英語が身についていない現状が浮き彫りになった」として、学習指導要領や大学入試の在り方を見直して英語力向上に取り組むことにしています。 .

NHKニュースよりの引用でございます。

これはもう、”絶望の英語狂育”でございますね。「希望の英語教育」などと粋がって持論を展開する大学教員、またぞろそれに乗る無能教員などなど、これがまた、ど腐れ朝日新聞がお好きなご様子でございまして、どいつもこいつも捏造新聞のサヨク連中の記事を元に書き込んで、稀に正論を述べる方々の言論を封殺するという、まさにご都合主義満開の自慰に過ぎないのでございます。
        わにまろバック
要するに、政府がやろうとする英語教育改革を否定するためならば何でも吹聴するバカドモでございますが、この連中の言うことは、生徒の英語の成績の悪いのは教員や指導法にあるのではなく、文部科学省の進め方が悪いという、簡単に申しますれば、責任逃れ以外の何でもないということでございます。
       wanimaro_front.jpg
政治の失態は民意によってその責任を取らされることになりますが、この高校生の英語力の体たらくの責任の所在は、当然の如く、それに関わってきた教員や指導者にあるわけでございまして、このような無能な教員を”排出”してきた大学の教育関係者には辞表の提出を求めるものでございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック