FC2ブログ

アホにつける薬無し

朝日記者がシリア国内で取材 「非常に危険」外務省幹部が強い懸念
 

 朝日新聞のイスタンブール支局長が、シリア国内で取材していることが31日、分かった。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件を受け、外務省は1月21日、報道各社にシリアへの渡航について「いかなる理由であっても」見合わせるよう求めている。外務省幹部は「記者も当事者意識を持ってほしい。非常に危険で、いつ拘束されてもおかしくない」と強い懸念を示した。支局長はツイッターで、26日にシリア北部のアレッポに入ったと伝え、現地の様子を写真を交えてリポートしている。

 朝日新聞社広報部は「当該記者は、シリア政府の取材ビザを取得し、取材のために同国に入った。記者は当初の予定・計画に従って行動・取材をしている。この件に関しては弊社も了解している」と回答。見解については「お答えを差し控える」としている

産経ニュースよりの引用でございます。

語るに値せぬようなアホウの所業でございますが、二人の”日本人”がテロ組織に惨殺されたにも関わらず、何を思ってか、朝日は危険地域に記者を送り込んでおりますね。恥知らずと申すほかございません。盾として日本国憲法の翻訳コピーを忘れずに携帯しているのでございましょうかねえ?

国から止めろと言われながらも、記者自らは「己が使命」とシリアに入ったゆえ、監禁されようが殺害されようが知ったことではございませんが、危惧することは、それによりまたしても大切なわが国の決定すべき案件に遅れを生じることでございます。そのような事態になれば、またぞろ腐れ朝日は「邦人救出は政府の責任だ!」などと大キャンペーンを展開し、もしものことがあれば「安部は国民の命を蔑ろにした」などと嘯くのでございましょうに・・・。

      わにまろバック
あああ、アホウらしくて、アホウらしくて。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

開いた口がふさがらぬ、とはまさにこれですね。湯川・後藤両氏が惨殺されてしまったというのにまだ解らない阿呆記者。ふたりの死を無駄にする気なのでしょうか。学習せいやコラ!と言いたいですよ、こう言うやつがもし拘束されてもこれはもうどうなろうと本当に自業自得の自己責任ですよ。
こういう連中の大好きな憲法9条は守っちゃくれませんよ、本当に脳内花畑。
もう勝手にせい、でございますね。

辟易いたします

見張り員さま

正義の味方面で行かせるのでございましょうが、これこそ、人の命を何と思っているのか!ということでございますね。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック