FC2ブログ

一日遅れ

【産経抄】

. 俳人の長谷川櫂さんは、東日本大震災の直後、湧き上がる真情を俳句ではなく、和歌に託した。「かかるとき かかる首相を いただきて かかる目に遭ふ 日本の不幸」。

 ▼歴史に「もしも」は禁句だが、もし民主党政権ではなく、菅直人氏が首相でなかったら、という悔悟の念はいまも消えない。20年前のあの日も同じ思いをした。

 ▼平成7年1月17日午前5時46分、大地震が兵庫県南部を襲い、神戸の中心部は一瞬にしてガレキと化した。前年、総選挙を経ずして自民党と社会党、さきがけが野合した結果、村山富市氏が首相の座に就いていたが、首相官邸の初動は、信じられぬほど鈍かった。

 ▼当日は、社会党内の「反村山」派が、新党を旗揚げする予定だった。被害の甚大さを物語る情報がぽつぽつと入り始めていた午前8時過ぎでも与党幹部の関心がそちらに向いていたのを、抄子はよく覚えている。閣議が開かれたのは、午前10時をまわっていた。

 ▼自衛隊が本格的に出動したのは地震発生から4時間以上もたってからだった。当時、自衛隊の災害派遣要請は、都道府県知事にしかできなかったという法律の不備もあったが、首相と知事に一刻も早く住民を救おうという気概と実行力が欠けていた。国会で初動の遅れを追及された村山首相は「なにぶん初めての経験で…」という迷答弁を残した。東日本大震災直後、菅氏や東京電力が「想定外」という言い逃れを連発したのと、驚くほど似ている。

 ▼阪神大震災の反省から危機管理の重要性が叫ばれるようになった。防災対策も大いに向上したはずだったが、3・11で幻想は崩れた。村山、菅の両元首相には、「震災責任」をもっと感じてもらわないと、亡くなった人々が浮かばれない。

産経ニュースより、.昨日付け産経新聞のコラム”産経抄”の引用でございます。

返す返す考えましても、平成七年の一月十七日の早朝の出来事、そして何よりも、その大惨事に対しますアホウ総理率いるアホウな政府の無能ぶりが露呈されたことを、決して忘れることは出来ないのでございます。まさに、政府の無策により、助かるべき沢山のお命が失われるという事態であったということを後世に受け継いでいかなければなりません。

時の政府は社会党の村山首班サヨク政権、このモノどもは”人に優しい政治”や”平和憲法護持”などという幻想なるお題目を連呼し、それが国民にどれほどの被害を及ぼすのか?など考える余地もなかったのでございます。これはもう、宗教にも似た、いえ、むしろそれ以上の自己陶酔であったと申し上げてよいかと存じます。

社長さまが、震災当時に我が陸軍の中部方面総監をされておられました「松島悠佐(ゆうすけ)」閣下にお話をお聞きするご機会を得られた際に、いつまで経っても出動命令が下らない歯がゆさや、命令によらずとも自分達で出来ることから始めようと若い兵士を鼓舞されたことなど、大変ご苦労されたということをお話いただいたとのことでございます。

また、震災での救助や犠牲になられた方々のご遺体搬送に関しましても、我が軍の兵士方がご尽力されましたが、そのお姿を朝日新聞の記者がずっとカメラに収めていたとのことでございます。それには理由がございました。朝日新聞本社からの命令により、如何に我が軍がいい加減な救助やご遺体の扱いをするのかを世に知らしめろ!というものであったようでございます。

ところが、その朝日新聞幹部の考えに反して、我が軍の救助に対します精鋭さ確実性、お一人お一人のご遺体を搬送する際でのあまりにも真摯なるお姿に、その朝日新聞の記者が松島閣下にこう話したそうでございます。

私は会社の命令で、自衛隊の皆さんが醜態を晒す場面を撮影し、記事にすることを楽しみにしていました。しかしながら、この度の、皆さんの危機に対しても命を厭わない勇気や遺体を発見した際にも静かに黙祷を捧げ、実に丁寧に搬送されている姿に感動しました。私は間違っていました。心から反省しています

これが朝日新聞の記者の口から出たものとは思えない言葉でございますが、我が軍は、どこかのアホウ元官房長官10593パーの言うところの”暴力装置”などではなく、大和民族の誇る兵士の集団なのでございます。

概ね下戸の社長さまも、池田の銘酒「呉春」だけは好んでお飲みになられますが、口当たりがよく悪酔いしないと松島閣下にお勧めいただいたからだそうでございます。今でも「呉春」をお飲みになられますと、松島閣下とグラスを交えてお話されたあの場面が浮ばれるのだそうでございます。

今年で阪神淡路大震災から二十年、お亡くなりになられた多くの方々のご冥福を、今改めてお祈りいたします。 拝

わにまろモノクロ半旗 

松島悠佐閣下
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

村山政権といい管政権といい、無能が天下を取ると碌な事がありませんね。無辜の民が大迷惑をこうむるのですから…
阪神大震災は天災ではありますがその中に「人災」の面もあったと思います。つまり無能な村山が全く動かない時間が長くその間に本来なら助かった人たちが多く亡くなってしまった。
村山は一生その十字架を背負って生きてゆくべきです。

朝日の記者にも心ある人がいたのですね。真摯な自衛官方の行いはよこしまな心さえ変えてしまう。
とてもいいお話ですね。
そんな素晴らしい自衛隊・自衛官に「暴力装置」なんて言ったあの野郎は恥を知れ!ですね。

見張り員さま

いつもありがとうございます。毎日寒い日が続いておりますが、ご自愛くださいますように。

松島閣下と社長さまのお話は、阪神大震災の数年後のとある会合でのこぼれ話とのことでございますが、震災当時の動くに動けぬ苦しさを漏らしておられたようでございます。

朝日新聞の記者のお話には、わたくしめも驚きました。社の命令であっても、間違っているものは間違っているとハッキリ言えたこの記者は、人間であったということでございますね。

暴力装置と吐き捨てたあのドアホウは、既に政界を去っておりますが、まさに”天下の大恥さらし”でございます。そのドアホウの居た政党は、またぞろ下らぬ代表選挙などいたしておりましたが、”どうでもよい”と申し上げたく存じます。

本気で、再度、政権を取れると考えているのならば、そして、その時が来たとするならば、わが国は終わりでございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック