FC2ブログ

御霊の安らかなることを

パラオ共和国 激戦の証し眠る群青の海
零式
水深約10メートルに横たわる零式水上偵察機。サンゴに覆われた翼が70年の月日を物語る=パラオ・アラカベサン島沖
 
 日本から南へ約3千キロ、赤道近くに浮かぶ大小500以上の島からなるパラオ共和国。水深約10メートルの海底では旧日本軍の零式水上偵察機が静かに眠っていた。第一次世界大戦中から31年間、日本が統治し、先の戦争では日米の激戦地になった南国。日本人の犠牲者は1万6千人とされるが、今はマリンリゾート地として人気を集め、一部の島は世界遺産に登録されている。

 島内には戦車や砲台、洞窟陣地などが残り70年前の悲劇を物語る。現在でも関係者による遺骨収集活動が続く。

 観光ガイドの大塚一馬さん(29)によると「戦跡を巡る日本人は少なくない。祖父が勤めていた国民学校跡に行きたいという男性もいた」という。

 街中の建物や食べ物などには、日本統治時代の面影を残す物が多く、流暢(りゆうちよう)な日本語を話す老人もいる。マルタンサン・ジラムさん(83)は、懐かしそうに「桃太郎」の歌を日本語で披露してくれた。幼少時に日本語教育を受けた世代。島の人たちは総じて日本に好意的だ。

 ジラムさんは、パラオの中でも激しい地上戦が展開されたペリリュー島で生まれ育った。戦闘の直前、日本軍の指示で別の島へ疎開したが「何で家を出なければいけないのか分からなかった」という。故郷に戻ったのは戦争が終わって2年後。「一面焼け野原の“白い島”になっていた。残っていたら、みんな死んでいた。疎開はありがたかった」と振り返る。

 「どうして戦争はなくならないのでしょう」。顔を曇らせるジラムさんは「今でも時々、日本兵の慰霊碑に手を合わせています」という。(写真報道局 松本健吾)

産経ニュースよりの引用でございます。

本年は、終戦70年目にあたる年でございますゆえ、テレビなどでも何かと色々とお話がなされているようでございますね。”沢山”という言葉ではあまりにも足らなすぎる方々の尊い人命が奪われたことを、決して忘れてはならないのでございます。

天皇陛下が世界平和をご祈念されておられますように、二度と戦禍の及ばぬよう、民族挙って尽力しなければならないのでございます。大和が永久に平和でありますよう、わたくしめも心より祈念いたします。 拝
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック