FC2ブログ

腐れ外道が!百年早いわ!

元朝日記者、植村氏が文芸春秋などを提訴 東京地裁

         腐れ外道植村
会見で勤務する大学に届いた手紙を見せる元朝日新聞記者の植村隆氏=9日、東京・霞が関の司法記者クラブ(早坂洋祐撮影)
 
 「慰安婦記事を捏造(ねつぞう)した」などとの指摘で名誉を傷つけられたとして、朝日新聞元記者の植村隆氏(56)が9日、文芸春秋と東京基督教大学の西岡力教授を相手に計1650万円の損害賠償と謝罪記事の掲載などを求める訴えを東京地裁に起こした。

 訴状によると、朝日記者だった植村氏が平成3年8月、韓人元慰安婦とされる女性の証言を初めて掲載した。「意図的に事実を捏造した」と批判する西岡氏の論文や、「“慰安婦捏造”朝日新聞記者がお嬢様女子大教授に」との見出しが付いた昨年2月6日号の週刊文春の記事などについて「植村氏や家族への敵意をあおり立てた」としている。提訴後に東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見した植村氏は「司法の場で私が捏造記者でないことを証明したい。不当なバッシングには屈しない」と述べた。

 提訴を受け、週刊文春編集部は「記事には十分な自信を持っている」とコメント。西岡氏は「言論人が言論で批判されたのであれば言論で返すべきではないか。なぜ訴訟に出たのか理解できない。私の指摘は言論の自由の範囲内と考えている」と話した。

産経ニュースよりの引用でございます。

この植村某は、かなり頑丈な精神構造の持ち主のようでございますね。お写真を拝見いたしておりましても、サヨク特有の胡散臭い雰囲気が醸しだされておりますね。

自ら招いた大嘘八百を指摘され、明るみに晒されたことがよほど悔しいのでございましょうが、これは恥の上塗りになること必至でございましょうに、お気の毒さまでございますね。多くの朝日の読者は、このようなドアホウの記事を真実と信じ込み(多くは意図的に)、朝日を良識新聞と思い込み(同じく意図的に)、ずっと講読を続けているのでございますね。

そういう連中は、この植村某と同じ精神構造ということでございましょうね。


 わにまろバック わにまろバック わにまろバック
        バカは~死んでも治らない~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

タコ外道、場所間違えてんじゃね。

No title

薄ら外道、帰れ半島へ。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック