FC2ブログ

ATF交換不要?

車種によりましては、ATFの交換不要をうたうものがございます。交換不要など、本来はありえないお話でございますが、一部量販店やGSなどで行われます不適切な交換方法や油量管理によりまして、オートマチックトランスミッションを壊してしまうことがあるためにメーカーはそのようにしているのでございましょう。

今回は、その一車種でございますトヨタカローラフィルダー(NZE144G)平成19年式のCVTフルード交換に関する記事でございます。
フルード注入口
トランスミッションのサイドには”TC”と刻印されたボルトがございますが、このボルトを外しますとATFを注入するホールがございます。一応、メーカーのマニュアルでは、こちらからATFを注入し、オイルパンのドレインより余剰分が輩出されるという仕組みになっているようでございますが、それでは本当に入れ替わるものかどうか判らないのでございます。オイルパンを取り外し交換することが最善ではございましょうが、それでは少々高くついてしまいます。
コンタミネーションチェック
注入口を利用いたしまして、コンタミネーションチェックをいたしました。交換可能判定でございましたので、作業を進めてまいります。
    ATF交換   プラグ新旧
アサダ自動車ではATFチェンジャーを備えておりますゆえ、吸い上げ抜き取りが可能でございます。赤丸部分に抜き取るためのノズルを差し込んでいるところでございます。このホールには、右のお写真のようなプラグが差し込まれております。このプラグを外すために、特殊工具(?)を作製いたしました。
特殊工具?
少しばかり厄介なことは、ATFの温度管理でございます。規定の温度に達したことを確認いたしました上で、オイルパンのドレインより流れ出るATFが糸のようになればOKでございます。
油量点検
赤枠内に、細くATFが垂れているのをご覧いただけましょう。

ご同業者さまで、ATFチェンジャーをお持ちで無ければ交換が出来ないというものではございません。その場合は、オイルパンを取り外しオイルを排出した後に組み付け(要交換:オイルパンパッキン)、約3.5リットルのATF(CVTフルード)を注入口より注入した上でエンジンを始動、レンジはN(ニュートラル)とし暖機いたします。アサダ自動車には非接触型の温度計を備えておりますが、もしお持ちでなければ”概ね電動ファンが作動するまで”暖機すればよいかと存じます。詳しくは、社長さまにお尋ねくださいませ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック