FC2ブログ

壁に衝突 その3

例の足回りを強打いたしましたお車でございますが、限られた金額の中で修復しなければならないということでフレーム修正機を使用することは避けなければならない状況でございました。それゆえに、アサダ自動車での加工・工作になったのでございます。
ホール加工
まず、元々、締め付けボルトが通っております穴(赤丸部分)を7mm後方に広げる処置をいたしました。この7mmは、決していい加減な数値を感で広げたものではございません。計算により、社長さまがはじき出された数値でございます。

計算式は

0.01745(規定値)×2360mm(ホイールベース)×19÷60×1300mm(トレッド)÷2360mm(ホイールベース)

になるのだそうでございます。何故この式が導かれるのかをお知りになりたいご同業者さまは、直接、社長さまにお尋ねくださいませ。
位置決め
再度、リヤアクスルホーシングを取り付けての走行テストを行いました。締め付けボルトの奥にはワッシャを取り付けております。このワッシャを溶接して楕円になったボルト穴を円形に戻すということなのでございます。
仮止め
試運転が終了いたしましたので、次の作業に入ってまいります。ワッシャを仮止め溶接いたしました。
溶接完了
ワッシャを溶接し、さび止め塗装をいたしました。最終の組み付けでございます。
組み付け完了
これにて、リヤアクスルの破損修復作業は完了でございます。糸を使用いたしました簡易点検でも、左右差は無くなりなした。

残すところは、ホイールアライメントテスタによる測定・点検・調整でございます。どれほどの数値が現れるのやら、楽しみでございます。

このような処理方法を行うお店に対しまして”加工屋”あるいは”工作屋”と揶揄なさいますエライ先生もいらっしゃるとお聞きいたしましたが、緻密な計算や、ミリ単位での加工をはじめ、ホイールアライメントの何たるかを熟知してこその作業でございまして、世間さまに正々堂々と胸を張ってお示しできる整備と自負いたしております。メーカーやディーラーの出来ないことをやってこその「自動車整備専業社」でございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック