FC2ブログ

眼がウロツイて・・・

「記者の自負心もうないのか」 元朝日新聞ソウル特派員・前川惠司

 慰安婦報道が、どのように日韓関係を歪(ゆが)め、日本の立場を貶(おとし)めたのか。朝日新聞の慰安婦問題の2日間の「特集」は、その部分に関する検証が欠落している。

 日韓関係悪化の原因は、もちろん朝日新聞だけではなく、慰安婦支援団体や韓側の動きにもあった。だが、朝日新聞の一連の報道は、慰安婦支援団体に勢いを与え、運動を正当化させた。そうした点を検証しないのはおかしいのではないか。点検であって検証ではなかったと言える。

 吉田清治氏の証言を「虚偽」として取り消し、挺身隊と慰安婦の混同を「誤用」と認めたのは、よいことだとは思う。だが、吉田証言は本来、吉田氏にデータ提供や面会を拒まれた段階で新聞社として明確に疑問を呈すべきだった。挺身隊と慰安婦の混同についても、当時は戦時中を知る人たちが大勢いたのだからそうした人に聞けばよかった。「参考資料にも混同がみられた」と説明するが、それでは記者は一体何をしていたのか。

 結局、「騙(だま)された」「騙した方が悪い」とすべて他人のせいにしている。それでは「相手の言うことをうのみにして記事を書いているのか」ということになる。かえって読者の信用を落とすのではないか。後に「元慰安婦が強制連行ではなくキーセンに売られた」という話が出たのなら本人に確認して報じればよい。取材の基本動作をしてこなかったことを自ら明かしてしまったに等しい。ある意味で衝撃を受けた。

 産経新聞など他紙も吉田証言を取り上げたり、挺身隊と慰安婦の混同があったことも指摘しているが、「他の人も同じことをやりました」というのは、報道の世界では通用しない。自分たちが日本の報道を引っ張っているという自負があるならば「他紙はどうだ」とは書けないはずだ。「朝日新聞にそういう自負心や誇りはもうないんだな」と感じてしまう。

 一般商業紙は、政党機関紙とは違う。裏付けもしていない記事が新聞に出ているんだと読者に誤解させたことは業界全体にとっても大きなマイナスだ。朝日新聞だけでなく新聞という媒体の価値を貶めることにもつながってしまったのではないか。

産経ニュースよりの引用でございます。

この文章を書かれておられります元朝日新聞の前川某でございますが、今朝の読売テレビに出演いたしておりました。そこでは、なんと驚いたことに「社を上げてしたことではなく、一部の記者がやりたいようにやっていた」というような旨のお話をされておられたのでございます。

お隣にいらっしゃいましたWILLの編集長花田さまが即座にその欺瞞を払拭なさるご発言をされておられましたが、この前川某の呆れたご発言に対しまして番組をご覧になっておられました社長さまは「こいつアホンダラやな。やっぱり朝日は朝日や」と呟いておられました。

発言中も何やら所作に落ち着きがなく、人がウソを話す際にするウロツイた眼であったように、わたくしめには感じたものでございます。ご自分になかった”自負心”を、他人さまに求めるのはオカシイのではございませんか?そもそも、朝日新聞の記者に、そのようなものを求めること自体、笑止千万でございますが。

ご自分が在籍しておられた折にも、この問題について取材などをしていたようなテロップが出演者紹介と共に画面に浮かんでおりましたが、それならば、何故に当時にきっちりと検証したことを”記事はオオウソ”なので取り消すべきであるともっともっと早くにしておかなかったのか、所詮同じ穴のムジナなのでございますよ。

一見、思想転向したかに見せかける元朝日新聞の諸某には、注意が必要でございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック