FC2ブログ

大阪府立松原高校 その6

産経新聞に松原高校のことが掲載されました前日に、うちの社長さまが松原高校の教員(平野教頭)とお話をされておられた際に、わたくしめは傍らで拝聴いたしておりました。

そこでのお話では、”反日教育率先の国であり、また相次ぐ事故などの不安が払拭されていないにも関わらず、何故このような国に行かせる必要があるのか?日本国内や親日の他国という選択は不可能なのか?時間的に無理なのか?”という旨のご質問をされた折に「時間的な余裕はあり、保護者会でも意見を聞く」とのお応えであったと記憶いたしております。

ところがでございます・・・、次の資料をご覧くださいませ。
松校資料
記されております文言から、明らかなことは、”まず韓行きありき”という姿勢が見え見えであるということでございます。8日~10日にかけて下見と称して韓に出向いているようでございますが、これは産経新聞の記事が出された翌日よりのことでございますね。社長さまが松原高校にお電話入れられた日が6日翌日の7日に産経新聞の記事というダブルパンチにより、おそらくは慌てふためいて飛んで行ったのでございましょう。

この資料の文言より受ける印象はと申しますれば、是が非でも韓行きを実現させるために下見という既成事実を元に”健全無垢なるご父兄方”を懐柔しようと目論んでいるものと考えられるものでございます。

次なる資料は、本年に予定している行程を記載したものでございます。
松校資料
一昨年の修学旅行の”しおり”を各方面に配布いたしましたことは先にも記してございますが、とある府会議員の方が、このしおりを大阪府教育委員会にお持込になられ、件の刑務所歴史館のような反日洗脳施設に強制連行させた事実を認めさせ、かつ本年はこのようなことの無いようにさせるとの言質をお取り下さいましたが、それは今週のことでございまして、この下見旅行以降のことでございます。

となりますれば、この二人の教員が下見に行った行程と、こちらの資料に記載されております行程は果たして同一のものと考えることが出来るのでございましょうか?

9月25日に組み込まれております「ジャンル別体験学習」には、幼稚園訪問、テコンド体験などと記されておりますが、この”など”ほど怪しいあやふやな文言はございません。

大阪府狂育委員会という何をしているのやらよくワカラナイところではお話にならないようでございますゆえ、様々な資料は、社長さまが既に国会議員の方々にもご送付されておられます。今後は、文部科学大臣の手に渡る手筈となってございます。

松原高校のご父兄のみなさまのご良識をわきまえたご判断を、全国の良識ある方々がご覧になられるということを重々ご留意いただきとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

なんとまぁ・・・

はじめまして 黒エビちゅと申します。

このご時世に あえて危険な国を 何がなんでも修学旅行先に選ぼうとしている学校側に、ただならぬ執念を感じてしまいますね。

26日の午前中の予定に景福宮(ソウルの観光名所)等とありますが、あえて「等」とフワッとさせているのは、景福宮のすぐ側にある大韓民国歴史博物館とやらが その「等」に含まれていたりして・・・

生徒達の為にも 是非とも韓国旅行は中止して、知覧や江田島に行って 大切なことを学んでいただきたいものです。

左翼の方々は 何かと軍国主義だと仰いますが、どちらの地にも「日本人としての誇り」と「愛国心」しかありませんよ。

黒エビちゅさま

はじめまして、わにまろでございます。メッセージを賜り、誠にありがとうございます。

>景福宮のすぐ側にある大韓民国歴史博物館とやらが その「等」に含まれていたりして・・・

とのことでございますが、その歴史博物館というところは、西大門刑務所歴史館のように反日教育施設のようなところなのでございましょうか?

わたくしめは、行程におきまして初日に韓に到着して以降、JUMPなる観劇に入るまでの時間をどのように過ごすのかということが大変気になるところでございます。

一昨年の行程では、韓に到着後すぐに反日施設に強制連行したのち、午後4時からの観劇となっております。同様な行程であるといたしますれば、11時半頃に韓に入ってからの”空白の四時間”は、一体何をさせるつもりでいるのでございましょうね。

黒エビちゅさまがお書きのように、我国には若者たちが訪れるべき素晴らしい施設が沢山ございます。にも関わらず、これほどまでに韓にこだわるには、それなりの理由があるのでございましょう。是非とも、お聞きいたしたいものでございますね。

No title

わにまろさま、丁寧なご返信ありがとうございます。

>その歴史博物館というところは、西大門刑務所歴史館のように反日教育施設のようなところなのでございましょうか?

はい、大韓民国歴史博物館は、19世紀末から現在に至るまでの韓国の近代史に関する資料を展示しているということですが、安重根を伊藤博文を射殺した英雄として、大日本帝国統治時代を日帝強占期の弾圧·収奪された苦難の歴史として紹介しているような反日教育目的の施設です。

博物館のHPの説明文には「日帝強占期に言葉と文字、氏名を奪われ、徴兵、徴用、慰安婦として連行された苦難と逆境の歴史を実物資料を通じご覧頂けます。 」とあります。

自国の子供向けの体験学習や教育プログラムだけでなく、大人や外国人向けに近現代史体験というようなものもあるそうですから、松原高校の生徒達がそこで反日教育を受けさせられることも 充分に有り得ますよね。

将来を担う子供達を 自虐史観から守るのは我々大人の責任であり 、ひたすら日本の行く末を案じ 国に殉じられた英霊より託された使命です。

微力ですが 私も何か行動していこうと思います。

わにまろさん、応援しています!

日本を守る為、共に頑張りましょう!

度々のメッセージ

黒エビちゅさま

誠に有用なご情報を賜りました。実に酷い施設でございますね。

それに、あの安重根は、我が国の重鎮を暗殺したテロリストにすぎません。それを英雄に祀り上げるのは向こうさんの勝手でございますが、そのような反日施設に松原高校の生徒たちが行かされるようなことがございますれば、これは”狂育”そのものでございますね。

さて、この旅行に下見に行った教員は、一体どこに下見に行ったのでございましょうね。楽しみでございます。

今後とも、ご情報を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

No title

はじめてコメントさせていただきます。最近他ブログでもこの学校の時期が掲載されhttp://migigimi.blog.fc2.com/?no=503学校名で検索していたところ、こちらのブログに辿りつきました。

「修学旅行は安全第一」というのは昭和63年の上海列車事故直後に出された文部事務次官通達を読んでも強く訴えられています
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t19880331002/t19880331002.html
「今回、海外を修学旅行中の生徒に多数の死傷者を出す事故が発生したことは、誠に遺憾に堪えない。」と始まり、安全対策を含め「保護者の十分な理解を得ることが必要」と強調しています。

親であれば誰でも、我が子の身の安全は第一に考えるので、学校が保護者の理解を得ながら旅行プランを立てれば無理のない安全な旅行が計画されるだろうという配慮と思います。

このように教育行政の仕組みとしても、(ネットを通じた間接的なものでもいいので)親が反対の声を大きく上げれば学校も対応せざるを得ないと思いますが状況は如何でしょうか?

HN希望 さま

はじめまして、わにまろでございます。ようこそお越しくださいました。

この度は、真摯なるメッセージを賜り、誠にありがとうございます。

現在のところ、松原高校の韓行きに中止とのお話は無いようでございまして、むしろ、教員が各家庭に対しましてお尋ねという体の「説得」を試みた形跡がございます。

何故このような時期に韓に行く必要があるのか?とのご父兄のお問い合わせに対しましては「長年の先方との関係をそう簡単には切ることが出来ない」という、学校側や反日サヨク思想にまみれているの教員の都合重視な、誠にもって自分勝手な解釈を押し付けようとしているとしか思えないものでございます

時間稼ぎに大人しくしておれば、喉元過ぎて忘れるだろうという姑息な連中の企みとしか考えられない所業でございます。

これらの件につきましては、また新たに記事にする予定でございます。

No title

わにまろ様

早速の返信コメントありがとうございます。各家庭毎への「説得」を行ったということはそのプロセスで「恫喝」、「パワハラ」や「安全に関する情報の捏造」等があった可能性があります。他の地域の学校でよくあるのが外務省が海外旅行の安全確保は自己責任としているには拘わらず、海外旅行に関する渡航情報を出していないことをもって「国が大丈夫と言っている」と外務省見解の捏造をしてしまうケースです。

しかしながら実際にはソウルの日本国大使館は現地の邦人に対して有事に備えて普段から地下壕の場所等を確認しておくことを呼び掛けていますhttp://www.kr.emb-japan.go.jp/people/news/news_130410.htm。このように重大な事実を知らせずに、教師がパワハラを使って保護者9割に「Yes」と言わせても、文科省の求める「保護者の十分な理解」を得たことにはならないと思います。

保護者の皆様の実態はいかがなのでしょうか?パワハラや恫喝なしの保護者の意向を確認するには「無記名アンケート」以外にはなく、秋田をはじめとする他の高校もそれを実施しているようです。

HN希望さま

度々の貴重なメッセージを賜り、ありがとうございます。

この松原高校は日教組の牙城でございまして、平野教頭などはおそらく、上層部よりの命により是が非でも韓行きを決行させるべく立場に追いやられているのではないかとの分析もございますゆえ、反日サヨク教員は必死に”説得”という名のアンケートを電話で行ったのでございましょう。

無記名アンケートならば、もっと多くの反対意見もあったのではないかと考えております。そういうところを府会議員の方々も”自ら動く”という形でご活動いただきたいのではございますが、このような案件は直接に票につながらないためなのか、場の設定までも一から作っていけでは、到底お話にはなりません。

今回の松原高校の韓行は「なぜこんな時期に行かせるのか!」という議員の掛け声倒れに終わる様相でございます。

国会は集団的自衛権の問題で忙しく、一高校の修学旅行如き小さな問題に関わっていられないということでございましょう。いずれにいたしましても、多くの保守と名乗る者たちの詰めの甘さが、敵に猶予を与えてしまうという”良い例”でございますね。

わたくしめといたしましては、ご父兄のみなさまがお選びになられたことの顛末が、たとえバス事故になろうと、ホテルの火事になろうと、建物の倒壊になろうと、ご自分たちの選択の結果はご自分たちで受けていただければ、それはそれで何らの関与するところではございません。その程度の保護者であるということにつきるのでございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック