FC2ブログ

哀れ・・・

ソウルからヨボセヨ 違法集会に出る日本人 

ソウルの日本大使館前では毎週水曜日、日本統治時代に慰安婦だった女性を担ぎ出して日本政府に国家的責任を認め、国費による賠償を要求する人々が集まってくる。大音量で主張をまくし立て、シュプレヒコールで締める。

 法律やウィーン条約で大使館の周辺ではデモや集会などはできないことになっており、こうした騒ぎは規制されるべきなのだが、主催団体は「記者会見だ」と言い張っている。大使館前の歩道には「慰安婦を象徴する少女の像」が置かれているが、これも公道を無許可で占有した不法なものだ。反日という国民情緒の前には、条約も法律もない無法国家になってしまう具体的な例である。

 集会にはここ数週間、立て続けに日本からの参加者があった。婦人団体や元判事、国立大学の学者らだった。かつて日本の国会議員が来たこともあったが、訪れる日本人はほぼ例外なく歓待され、喜々として記念撮影をして帰っていく。

 もちろん、こうした行為は問題の解決につながってこなかった。韓側に「日本社会には韓側への賛同者が多い」という誤ったメッセージを与え、問題をこじらせてきたといえる。主催者団体側と深い関係があるのなら、違法な集会を中止して不法な像を撤去するよう求めるのが筋ではないか。(加藤達也)

産経新聞のコラムよりの引用でございます。

まことに、悲しい民族性と申し上げてよいのでございましょうか・・・、可哀想とすら思えてまいります。

元慰安婦と称するおばあさん方は、恥ずかしいというお気持ちにはならないのでございましょうか?我国にもかつて、娼婦というお仕事をされていた方々が沢山いらっしゃいましたが、お仕事から身をお引きになられた後は、そのことに辱めをお感じなのでございましょう、黙して語らずという美徳がございました。

それに比べて、韓のおばあさん方は、本当にそれでよいとお考えなのでございましょうか?現役当時は、沢山のお金を稼いでいたという資料なども出ているというのに、まるでただ働きをさせられていたかのような風ではございませんか。おまけに、日本軍が急に部屋に土足で入り込んで無理やりに連れていかれたが如くのご発言もございます。

娼婦という筆舌に尽くし難い苦しいお仕事をされておられたおばあさん方に同情の余地がないわけでございませんが、我国の悠久の歴史を捏造されてまで与するほど、大和民族はお人よしではございません。言うべくは言い、認めるべくは認める、互いにそのスタンスの無い国交など、無に等しいものでございます。

橋下市長が対面すると申されました折も、韓ご忠信の我国に棲む詐欺師どもが、本質をつかれることを危惧しおばあさんを連れて逃げ去るということがございました。非が無ければ正々堂々と対面すればよいお話でございますが、そこは捏造されておりますゆえに、ボロが出ることを恐れたのでございましょう。.

いつまでこのような破廉恥を続ければ目が覚めるのでございましょうね、世界一の売春国家は・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック