FC2ブログ

不見識甚だしい!

記念撮影しようと天皇陛下の歌碑に上る 東京の小学生、教諭も注意せず 千葉・鴨川
 石碑 わにまろレフト
 「東京から一番近い棚田」として知られる大山千枚田(千葉県鴨川市)で昨年12月、課外授業で訪れた東京都足立区の小学生らが天皇陛下の歌碑に上り、男性教諭が記念撮影しようとしているのを千枚田の保存活動に取り組んでいるNPO法人が見つけ、区教委に抗議していたことが13日、関係者への取材で分かった。区教委は事実を認め、同法人に謝罪している。

 区教委などによると、昨年12月中旬、自然教室で訪れた区立小学校の当時5年の児童らが大山千枚田を訪れ、千枚田を一望できる展望スペースに設置された歌碑に上った。付き添いの男性教諭は特に注意をすることなく、記念撮影をしようとしたという。

 NPO法人「大山千枚田保存会」のメンバーが目撃し、口頭で注意した後、区教委に抗議した。

 記念碑は平成24年に建立された。天皇、皇后両陛下が22年9月に棚田を訪問された際に陛下が詠まれた和歌が刻まれており、そばには建立の経緯を記した説明板もある。

 区教委は、政治的な意図は全くなかったとした上で、「学校が石碑のことを十分に調べていなかった。今後はきちんと指導していく」としている。同会の石田三示理事長は「教諭ならばどういう場所を訪れようとしているのか事前に調べ、守るべきルールを児童らに教えておくべきではないか」と話している。

産経ニュースよりの引用でございます。

みなさま、これが我国の教員というモノの大半の実態でございましょう。ご皇室に関する敬意すら無いということを如実にあらわしているものでございます。

天皇の赤子としての認識すら無いことが、大和を崩壊に向かわせる大きな原因の一つでございます、このようなモノに教えられた不見識な子ども達が大人になれば、下らぬグルメ気取りの漫画にも洗脳を受けてしまうのでございますよ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

政治的な意図云々ではないですよね。
常識の問題です、やたらといしぶみに乗るということ自体もうおかしいですしその碑に何が刻まれているか、教諭はまずよく見るべきでした。
まあ今の学校の教師などそれが陛下の御歌であろうがありがたみを知らぬ輩ですから結果、同じことだったかもしれませんが腹立たしいことでございます。
日本という国はたとえ外敵に因らずともこうして滅んでしまうのでしょうか。血と汗と涙でこの国を守って散華された先人がたに申し訳が立ちません。

見張り員さま

確かに、大和は崩壊に向かっているやにも感じます。しかしながら、それを正しい方向に向きかえてゆく立場にあることも、散華された方々からの思し召しなのだろうと思うものでございます。

わたくしめは、この大和がこのまま終わってしまうような”神の圀”ではないと断言いたしとうございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック