FC2ブログ

思うことは同じ

「慰安婦の強制連行なかった」大阪・茨木市長 「国を挙げて河野談話否定を

 大阪府茨木市の木本保平市長は12日、市内で開かれた慰安婦問題を考えるシンポジウムに出席し、「(軍による)強制連行はなかった」との見解を示した。木本市長は昨年5月、日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長の慰安婦発言について「おおむね正しい」と述べ、「慰安婦は職業」と発言。市民団体が発言の撤回などを求める抗議文を提出していた。

 シンポジウムで木本市長は「発言を取り消せというのは憲法の言論の自由を否定することになる」と強調。米カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦」像にある「性奴隷にした20万人の婦女子が慰安婦にされた」との記述について、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官の談話が影響していると指摘し、「在米日系人の方が肩身の狭い思いをしている。国を挙げて、河野談話を否定していただきたい」と訴えた。

また、初代韓統監の伊藤博文を暗殺した安重根の記念館が中国黒竜江省ハルビン駅に開設された問題では「おかしな話だと思う」と述べ、韓の朴槿恵大統領に対しては、「狂っているとしか、どう考えても思えない」と批判した。

 拓殖大学客員教授の藤岡信勝氏は「(橋下氏の)慰安婦発言は、この問題について国民の関心を高め、大きく意識させた」と指摘し、橋下氏や木本氏の見解を擁護した。

産経ニュースよりの引用でございます。

昨夜、茨木市内で催されましたシンポジウムの内容が記事にされてございます。社長さまのお知り合いがご進行役をなさり、盛大に執り行われたご様子でございます。

昨夜はボブさまのウェルカムバックパーティーのため、社長さまは当該シンポジウムにはご参加なさいませんでしたが、詳細につきましては社長さまのリンクメールにも届くことかと存じます。わたくしめもどのようなものであったのか、興味が湧いてございます。

このような催しがもっともっと各地で開かれることにより、民意が高揚されて河野談話の破棄に繋がることを信じてやまないのでございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いい兆しです!

こんばんは、お疲れ様です!!
茨木市長、いいことやってくれますね! GJです!!

慰安婦は職業であって、当時の彼女たちは軍の将校たちよりも多いお金を稼いでいたことは事実で、職場の環境も優遇されていたことはアメリカの公文書でも載っていることです!
韓人は戦後も米兵相手に慰安を続け、今の朴大統領のお父上が米軍相手の慰安所を率先して作り、ドルを稼ぎまくっていたことも明るみにされています!
現に今の韓国、世界中でも韓国人売春婦が荒稼ぎしている事は世界中の国々が知っていることですよね。
日本への切り札が「慰安婦問題」しかない韓国はもう崖っぷちです。そろそろとどめを刺しましょう!!

話が変わりますが、今、気になるのが日本の外国人移民の受け入れ政策です。毎年20万人もの外国人を受け入れると言っているのですが、自分は断固反対です! 青山さんがおっしゃっていたのですが、移民のほとんどがシナ人になる可能性があるとのことです。
あいつら、何するか分からない奴らなんで、何としても阻止しなければならないと思っております!!

こんばんは

いわゆる「首長」という役職の方でここまでしっかり認識されていらっしゃるのは心強い限りです。
一体どこの国の首長さんなのかとそれこそ首をかしげるような人が多い中で安心する思いです。
国民はもっときちんと真実を見極める目を持つべきです、シナ人が大挙して日本に押し掛け大ごとになってからでは遅いのです。
その意味で木本市長の御発言の功績は大きいと思います。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック